「中国人民銀行総裁、デジタルユアンの取引高は2500億ドルに達したと主張」

Chinese central bank governor claims that the trading volume of digital yuan has reached $250 billion.

中国人民銀行の総裁である易綱氏は最近、中国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタル元の取引量が、パイロットテストが始まってからわずか1年半で驚異的な2500億ドルに達したことを確認しました。

易綱総裁のコメントは、7月19日の水曜日にシンガポールで行われたカンファレンスでの発言です。彼はまた、中国の中央銀行デジタル通貨であるデジタル元が6月末までに合計1.8兆元の取引を行ったとも述べました。

易氏は、2022年1月にe-CNYが初めて導入されて以来、約1億2000万のウォレットから約9億5000万件の取引が行われたと述べました。これにより、平均取引額は約260ドルになりました。

MASは、中国金融学会の会長である易綱博士を2023年のMAS講演のスピーカーとして迎えることを光栄に思っています。易博士は「中国の視点からのCBDC」について講演しました。

詳細はこちらでご確認ください:https://t.co/UbikjgQhRn pic.twitter.com/UuQwOQe8n0

— MAS (@MAS_sg) July 19, 2023

中央銀行総裁はまた、6月末までに約23億ドル、または165億元のe-CNYが流通していると主張しました。これは中国の通貨供給量のわずか0.16%にすぎません。

デジタル元の採用が遅れています

中国の中央銀行は政府の支援を受けながら、デジタル元の国内経済での利用を推進してきました。しかし、14億人を抱える中国の人口を考えると、CBDCの採用は比較的に遅いです。

香港で行われたいくつかの試験を除いて、e-CNYの使用は主に中国国内の小売支払いに限定されています。7月18日火曜日のSouth China Morning Post(SCMP)によると、中国銀行香港(BOCHK)は、香港の一部の選ばれた小売店で中国銀行の顧客向けの国境を越えた支払いシステムの試験を開始しました。

BOCHKは、中国のデジタル通貨であるe-CNYを使って香港の200以上の小売店で買い物ができるようにしました。新しいイニシアチブである「国境を越えたショッピングフェスティバル」では、BOCHKのクライアントがU Select、CDF Beauty、Lung Fung Dispensaryなどのさまざまな小売業者でe-CNYで支払いをすることができます。この動きは、BOCHKの火曜日の発表によれば、以前の2つの小規模な試験に続くもので、e-CNYの国境を越えた利用を向上させることを目的としています。

また、今月初めに中国銀行はデジタル元のオフライン支払いの試験を開始しました。発表によれば、試験の第一段階は特定のAndroid携帯電話と北京、上海、深圳、成都、蘇州などの特定の地域に制限されます。

試験中、ユーザーは銀行口座やインターネット接続を持っていなくてもデジタル元の支払いをすることができます。試験では、デジタル元アプリと共に近距離通信機能を備えた「スーパーSIMカード」を使用します。