中国のWeb3の立場:未来への一瞥?

中国は最近発表されたホワイトペーパーを通じて、Web3に対する見解を明らかにし、将来のインターネットにWeb3を取り入れることに開かれていることを示唆しています。

この論文では、「インターネット3.0」という用語が「仮想と現実の領域を組み合わせ、高度に没入型のインタラクティブな体験を提供する3次元空間」と定義されており、高度な知能と仮想世界と物理世界の統合に特徴付けられる将来の世界を描写しています。

一方、「Web3」は、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)、メタバース、その他の技術を含む「インターネット3.0」のより広い概念の一部です。

この論文は、中国政府によって指定されたハイテク産業地帯の一部である北京市科学技術委員会によって発行されたものです。

この論文が政府の公式文書ではなく、中国政府の公式立場を必ずしも反映していないことに注意する必要があります。

しかし、この文書は北京の公式立場を代表するものではありませんが、中国の一部の公式が「インターネット3.0」やWeb3のような用語について議論し、考えている方法について示唆しています。

このニュースにすばやく反応した人の1人は、バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏で、彼はツイートで「Web3があちこちで言及されている」と述べています。

この白書は、最近香港がデジタル資産会社にとってより魅力的な都市にするために注目すべき措置を講じ、暗号通貨の新しい規制体制を導入し、ライセンスを持つ取引所が小売投資家にサービスを提供することを許可した後に発行されました。

香港の暗号通貨に対するこの歓迎的なアプローチは、中国本土の厳しい取り締まりとは対照的であり、新しい規制が香港の住民にのみ適用され、本土のユーザーには禁止されているものの、デジタル資産に対する中国の姿勢の緩和を示唆しています。

Gavin WoodとBeeple

広範な意味でWeb3を説明するだけでなく、この論文はEthereumの共同創設者であり、Polkadotの創造者であるGavin Wood氏をWeb3の先駆者の1人として言及し、アーティストBeeple氏の記録的なクリスティーズオークションによって注目が集まったNFTに対する認識も示しています。

この白書に示された中国のWeb3へのアプローチは、単なる暗号通貨以上のブロックチェーン技術の可能性と、中国の10億を超えるインターネットユーザーの将来を形作る可能性を強調しています。