中国は、暗号通貨の取引を「容認する」ということが「助長」となる可能性があることを市民に警告しました

中国の省庁が、他人のために仮想通貨取引を「手助け」することの重大な結果に警告しました。

この国は、2017年と2021年の2度にわたって仮想通貨に対する大規模な取り締まりを行っています。

最初の取り締まりは主に仮想通貨取引所を対象とし、ほとんどのブローカーや取引プラットフォームを本土から追い出しました。

2回目の取り締まりでは、銀行に対して仮想通貨関連取引を停止し、仮想通貨のマイニングを禁止しました。

それでも、多くの中国人トレーダーが仮想通貨に熱心に取り組んでいます。

そして、Kocoo.comは、2023年には中国のオーバーザカウンター取引がコインで繁栄している証拠を見ています。それらの中で、USDTとビットコインの取引が最も人気があるようです。

21世紀ビジネス・ヘラルド(Stockstar経由)は、サードパーティの仮想通貨転送「共犯者」を募集しようとする人々によって投稿されたソーシャルメディアの投稿数が増えていると報告しています。

そのような投稿の1つは次のようになります。

「人々がお金を転送し、送金するのを手伝って、1日あたり数千ドルを稼ぎましょう。簡単です!」

これらの「募集人」は、彼らが投稿している収益性の高い「副業」を宣伝しています。

しかし、公安部は、これらの「計画」に参加する個人が「ITネットワーク詐欺を手助けする犯罪を犯す可能性が非常に高い」と警告しました。

公安部、法律家、IT研究者は、このような犯罪に問われた者に対して、「固定期間」の懲役刑と罰金が待っていると警告しています。

なぜ一部の中国人市民が「仮想通貨取引を手助け」するのか?

報道機関は、Geng氏という個人を例に挙げ、彼が個人銀行口座を通じて約100万ドル相当の仮想通貨関連取引を処理したと述べました。

警察によれば、Geng氏は、取引ごとに約418ドルの「好意料」を受け取りました。

しかし、報道機関によれば、Geng氏とその関係者はその後、様々な犯罪に問われました。

中国の更新された刑法は、「他人が情報ネットワークを利用して犯罪を犯すのを手助けし、インターネットアクセス、ホスティングサーバー、ネットワークストレージ提供、通信サービス提供」することが罰せられることを明記しています。

専門家は、この法律は、他人のために仮想通貨取引を手助けする者にも適用される可能性があると警告しています。

裁判所が犯罪が「重大」であると判断すれば、犯罪者は罰金と最大3年間の懲役刑を受けることができます。

別の2人のLi氏は、自分たちの銀行口座を使って他人が仮想通貨を購入するのを手助けしたため、6〜8か月の懲役刑を言い渡されました。

公安部と関連する研究者は、2022年における「仮想通貨資産に関連する犯罪の最も一般的な形態」は、その年の55%を占めたマネーロンダリングであったと述べています。

その他の21%の事件は詐欺に関連し、ギャンブルやピラミッドスキームは少数でした。

先月、上海で一連のステーブルコイン運営者が警察に拘束されました。