「中国、巨大なAIチップ工場を建設し、米国の制裁を回避へ:報告」

China to build massive AI chip factory to circumvent US sanctions report

中国は、現地産業に影響を及ぼす制裁を回避するため、粒子加速器を作成するための人工知能(AI)チップ工場を建設しようとしていると、South China Morning Post(SCMP)の報告書によると伝えられています。

粒子加速器の使用により、新しい方法で革新的なレーザー光源を作り出すことが可能となります。SCMPによれば、加速器の電子ビームは、現場でAI半導体チップの製造に必要な「高品質」光源に変換されると報じられています。

報告書によれば、清華大学の科学者チームが雄安新区の当局と協議し、工場の開発に適切な場所を選定するための準備を進めているとのことです。

報告書によれば、地元の科学者たちはこれを現在の米国による制裁を回避する可能性のある手段と見ています。

粒子加速器は、高レベルのAIシステムを作成するための半導体チップの製造手順において、リソグラフィマシンの役割を代替するものとなります。

現在、オランダに拠点を置くAdvanced Semiconductor Materials Lithographyという企業が、このようなマシンの技術を所有している唯一の企業です。米国は、同社に対して中国市場への最高水準のマシンの販売を禁止しており、同様の措置をAIチップの世界トップメーカーであるNvidiaに対しても行っています。

SCMPの報告書によれば、中国のメガ工場には複数のリソグラフィマシンが設置される予定です。

関連記事: 米国の規制当局、中東へのAIチップの輸出をブロックしていないと否定

中国が制裁に対抗するために国内で取り組んだのは、これが初めてではありません。

5月には、米国の制裁を受けて、中国企業が弱い半導体や異なるチップの組み合わせを使用してAIシステムを開発する方法を研究しているという報告が出ていました。

しかし、制裁にもかかわらず、中国企業は国が画期的なAI法を発動した後も新しいAIシステムを発表しています。9月7日、テンセントは中国市場で自社のChatGPTのライバルを発表しました。

一方、米国はAI製造市場を締め付けています。最近、米国はベトナムを訪れ、AIチップと技術に焦点を当てた数十億ドルの取引を行いました。

中国がAIの開発でリードを取ることへの警戒感は海外にも広がり、欧州の規制当局も中国への輸出制御や制限についての立場を検討しています。

雑誌: ‘AIは業界を殺した’: EasyTranslateのボスが変化に適応することについて語る