中国は、社会保障カードにデジタル元の機能を追加しようとしています

中国は、政府発行の社会保障カードにデジタル元の機能を追加するかもしれません。これは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する可能性の新たな突破口となるかもしれません。

21世紀ビジネスヘラルド(NBD経由)によると、人力資源社会保障省は社会保障カードに「デジタル元の支払い機能を追加する」方法を「探索し促進する」という意向を持っています。

既存のプラスチック製の社会保障カードは既にスマートカードの機能を備えており、銀行カードのようなチップが搭載されています。

2018年には、全国の銀行に社会保障カードの発行権が与えられ、それらは独自の支払いプラットフォームにリンクすることができます。

そして、北京は最近、2027年までにこれらのカードをデジタル化する計画を発表しました。

しかし、プラスチックカードにCBDCの支払いオプションを追加する動きは、農村地域と高齢者の包摂を促すための別の試みである可能性があります。

中国では、スマートフォンの所有率はこれらの人口グループで最も低いです。

なぜ中国は社会保障カードにCBDCの機能を追加したいのですか?

中国の市民は、年金支払い、失業手当、医療保険費用の請求時に社会カードを身分証明書として使用することが一般的です。

政府関係者は、カードにデジタル元の支払い機能を追加することで、多くの人にとってコインの使用が「容易」になると考えています。

この動きは、中国の国家機関がデジタル元を「デジタル化」し、「スマートに働く」ことを支援し、国家への支払い、給付金の支払い、IDの機能を1枚のカードに統合するのにも役立ちます。

この提案には「実施計画」が発表されました。

人力資源社会保障省はまた、社会保障カードで行える銀行業務の範囲を拡大することも提案しました。

他のCBDCの包摂を重視した動きも既に試験的に行われています。

これには、スマートカードやウェアラブルデバイスの形での「ハード」オフラインウォレットが含まれます。

大量のウェアラブルハードウォレットが、今年9月に杭州で開催されるアジア競技大会の選手やサポーターに配布される予定です。

批評家は、CBDCがスマートフォンを持たない人々を周辺化させるリスクがあると警告しています。

しかし、北京は最近、「高齢者や子供」を包摂するための取り組みを進めるための手段を講じました。