Chibi Financeは、Arbitrum上で1百万ドルのラグプルを行ったとされ、CHIBIは98%急落しました

  • Chibi Financeは、レイヤー2ブロックチェーンのArbitrumで1百万ドルのラグプルを実行したとされています。
  • チームは消え、ソーシャルメディアアカウントにアクセスできなくなっています。
  • セキュリティプラットフォームのPeckshieldによると、チームはTornado Cashを介して資金を流し込みました。

ArbitrumベースのDeFiプロジェクトであるChibi Financeは、報告されるところによると、ポテンシャルなラグプルで100万ドルを持って消えてしまいました。

Arbitrumのレイヤー2ネットワーク上で最近立ち上げられたChibi Financeは、流動性プールを排出し、555イーサリアム(ETH)で消えたと言われています。現在の市場価格で、それは約100万ドルのユーザー預金に相当します。

Chibi Finance最新のラグプル

ブロックチェーンのセキュリティおよびデータ分析企業PeckShieldの警告によると、Chibi Financeチームは、ステークされたトークンをETHに変換し、その後、暗号化ミキシングサービスTornado Cashを介してEthereumネットワークに資金を流し込みました。

#PeckShieldAlert #Chibifinanceがラグプルされたようです。約100万ドル相当の暗号通貨が盗まれました。盗まれた資金は、約555 $ ETHに交換され、#ArbitrumからEthereumにブリッジされました。すでにTornado Cashに移されています。 https://t.co/HmVeZmWJS4 pic.twitter.com/1wM8j86fS4

— PeckShieldAlert (@PeckShieldAlert) June 27, 2023

Chibi Financeチームは、DeFiプロジェクトのソーシャルメディアアカウントが削除されたTwitterとTelegramで「消えた」とも言われています。プラットフォームのウェブサイトもオフラインになっています。

Chibi Financeのラグプルは、最近のArbitrumとEthereumエコシステムの悪質な行為者の一連の問題に加わります。4月には、zkSyncプロジェクトのMerlinがユーザーから200万ドルを横領したとされています。一方、ArbitrumベースのSwaprunは5月に消え、別のラグプルでユーザー資金のほぼ300万ドルが消えました。

チビファイナンスのネイティブトークンであるCHIBは、このニュースに続いて急落しました。月曜日に1.62ドル以上で取引された後、CHIB価格は火曜日の朝に急激に下落し、ほぼゼロになりました。CoinGeckoのデータによると、この暗号トークンは過去24時間で98.7%の価値を失い、現在は0.017ドル近くにとどまっています。