「ChatGPTは、2021年の情報に限定されることなく、インターネットを閲覧することができるようになりました」

ChatGPT can now browse the internet without being limited to information from 2021.

ChatGPTは、人工知能(AI)企業のOpenAIが9月27日のX(旧Twitter)の投稿によると、ウェブを閲覧し、最新の情報を自身の応答に統合することができるようになりました。

ChatGPTは、現在インターネットを閲覧して、直接ソースへのリンクを含む最新で信頼性のある情報を提供することができます。2021年9月以前のデータに制限されることはありません。pic.twitter.com/pyj8a9HWkB

— OpenAI (@OpenAI) 2023年9月27日

この更新は、投稿によれば、GPT-4モデルを使用しているPlusおよびEnterpriseユーザーにすぐに利用可能です。Webブラウジング機能は他のユーザーにも「まもなく」利用可能になりますが、OpenAIは非プレミアムユーザー向けにGPT-4が有効にされるか、ブラウジングがGPT 3.5モデルに実装されるかは明示していませんでした。

OpenAIは、明確化を求める要求に直ちに応答しませんでした。

投稿によれば:

「ChatGPTは、現在インターネットを閲覧して、直接ソースへのリンクを含む最新で信頼性のある情報を提供することができます。2021年9月以前のデータに制限されることはありません。」

この更新以前、ChatGPTは知識ベースの拡大するギャップに苦しんでいました。生成事前学習トランスフォーマー(GPT)などのAIモデルの性質により、ChatGPTの知識ベースは以前に2021年で終了し、おそらく実質的に製品化された年であると考えられます。

過去のテストでは、OpenAIはChatGPTのブラウジングの実装において成功と挫折を報告していました。2023年6月、ブラウズ機能を備えたChatGPTのベータ版がウェブの有料コンテンツの壁を突破するために使用されているとの報告が出始めました。また、最近の情報と歴史的な情報を混同する傾向があるようです。

関連記事: CIAが調査用のChatGPTスタイルのAIボットを作成すると報告

ChatGPTのブラウジング機能の更新は、OpenAIの9月25日の発表に直接続いています。その発表では、チャットボットがマルチモーダルのアップデートも受け取ることが明らかにされました。

ChatGPTは、見ること、聞くこと、話すことができるようになりました。次の2週間で、PlusユーザーはChatGPTと音声での会話(iOS&Android)や画像の含まれる会話(すべてのプラットフォーム)を行うことができるようになります。 https://t.co/uNZjgbR5Bm pic.twitter.com/paG0hMshXb

— OpenAI (@OpenAI) 2023年9月25日

Cointelegraphによると、ChatGPT、GPT-3.5、GPT-4は、普通の言語で話されたクエリを理解し、5つの異なる声で応答することができるようになるほか、画像を表示および解釈することができるようになります。

OpenAIは最近、最新バージョンの画像生成AIであるDALL-E 3を発表しました。

同社の製品に広がるアップデートの数々を考えると、11月6日にサンフランシスコで開催される初めての開発者会議であるOpenAI DevDayでどのような発表が残されているか興味深いです。