「ChatGPTの最新の改良は、暗号通貨に革命的なフェーズをもたらす可能性があるのか?」

ChatGPTの改良は、暗号通貨に革命的な影響を与える可能性があるか?

Pixabay / Manuchi x OpenAI

OpenAIの創設者サム・アルトマンは、同社の人気のあるAIチャットボットChatGPTの機能強化を発表しました。これは暗号通貨業界に革命をもたらす可能性があります。

アルトマンは最近、強力な言語モデルであるChatGPTがインターネットを閲覧し、ソースリンク付きの最新情報を提供することができるようになったことを確認しました。これにより、過去の制約であった2021年9月までのデータのみに頼るという制限がなくなりました。

この開発により、ChatGPTの役割は仮想通貨の領域でも可能性が広がります。

AIチャットボットは既に仮想通貨価格の予測ツールとして人気を集めていますが、これまでの知識ベースの制約がありました。

しかし、ウェブからの最新情報にアクセスできるようになったChatGPTは、仮想通貨のダイナミックな世界についてより正確かつ情報豊かな洞察を提供することができるようになりました。

ChatGPTの仮想通貨における役割が成長し続けています

ChatGPTの貢献は予測にとどまりません。

6月には、仮想通貨リスク管理を専門とする主要企業であるEllipticが、ChatGPTを情報収集および研究活動に統合することを発表しました。

この統合は、Ellipticの研究活動の効率と正確性を向上させ、調査チームが新興リスク要素を特定し、より効果的にリスクのボリュームを管理できるようにすることを目的としています。

また、Solana Foundationは5月にChatGPTをネットワークに統合しました。

その結果、同社はSolanaを介してウォレットの残高チェック、トークンの送金、さらには非代替可能トークン(NFT)の購入などの機能にChatGPTを直接アクセスできる新しいプラグインを導入しました。

報道によれば、仮想通貨取引所BitgetもAIを活用してユーザーにより良いサービスを提供し、時流に先んじる方法をいくつか採用しています。

BitgetのマネージングディレクターであるGracy Chenは、AIツールを活用してプロセスの効率化と機能の向上を図っていると述べました。

AIが特にBitgetの翻訳チームにとって有益である分野として、Chenは述べています。

AIを活用することで、同社は多言語サービスの翻訳をより効率的に処理することができます。

さらに、カスタマーサービス部門では、カスタマイズされた情報や取引データを含め、より迅速なクエリへの応答にAIを活用しています。

Bitgetは、OpenAIのChatGPTに触発されたAIチャットボットを開発し、ユーザーの取引活動をサポートする予定です。

ChatGPTが仮想通貨の主流採用を予測

Web3の起業家兼マーケターであるステーシー・ムーアは最近、ChatGPTがWeb3の未来についてのビジョンを問い合わせるためにX(以前のTwitter)に投稿しました。

ChatGPTは、その回答で、2024年までに暗号通貨の世界的な受け入れ、2025年までに分散型アイデンティティシステムの広範な採用、そして2026年までに伝統的な金融サービスの分散型金融(DeFi)への置き換えが予想されるタイムラインを示しました。

さらに、ChatGPTは分散型自治組織(DAO)、医療へのブロックチェーン統合、そして2035年までにエネルギー効率の良い環境に配慮したブロックチェーンエコシステムの確立を予見しました。

「FilecoinやArweaveなどのサービスは、伝統的なクラウドやサーバーベースのストレージシステムに比べて、より安全で効率的かつ分散化された代替手段を提供し、インターネットストレージのバックボーンとなるでしょう」とChatGPTは予測しました。