急速に成長する賭博業界で最も恩恵を受けるのは、チャンサーです

  • Chancerのベッティングプラットフォームでは、人々が自分自身のオッズを設定できます。
  • 友人が特定のタスクを完了することに賭けるなど、Chancerでは何でも賭けることができます。
  • Chancerは、参加者に対して賭けをする従来のブックメーカーに対抗することを目指しています。

2018年、米国最高裁判所がスポーツベッティングの連邦禁止を撤廃して以来、30以上の州とワシントンD.C.がスポーツベッティングを合法化し、10の他の州でも近い将来合法化することが予想されています。

スポーツベッティング市場が急速に成長したのは米国だけではなく、ケニアなどのアフリカを含む多数の他の国々も過去数年間で市場ブームを経験しています。Polaris Market Researchによると、2022年にはスポーツベッティング市場は836.5億ドルに評価され、2030年には1,786.8億ドルに急増すると予測されています。

しかし、ほとんどのスポーツベッティングプラットフォームはブックメーカーとして運営し、参加者に対してオッズを設定します。新規参入者であるChancerは、分散型の社交予測市場プラットフォームを導入することでこれを変えようとしており、人々がどんな予測やイベントにも賭けをすることができ、自分のベットに完全にコントロールを持てるようになります。

Chancerは、分散化のためにブロックチェーン技術の力を利用しており、現在開発中で、既にネイティブトークンであるCHANCERのプレセールを開始しています。プレスタイム時点で、第1ステージで36,763,989 CHANCERトークンが販売されています。

興味のある投資家は、BNBまたはBUSD(BEP20)トークンを使用してここでトークンを購入できます。

Chancerプレセールのスケジュール

最初の分散型予測市場プラットフォームトークンからどのように恩恵を受けるかについて掘り下げる前に、Chancerのプレセールが12段階に分かれて配布されていることを指摘することが重要です。

プレセールが終了する時点で、トークンの価格はChancerのプレセールスケジュールによれば0.021ドルになる予定です。

CHANCERトークン所有者が受けるメリット

プレセールが終了すると、トークンがUniswapやいくつかの中央集権型暗号通貨取引所で取引可能になるため、トークン所有者はトークンを売買したり、ステーキングしてパッシブインカムを得たりすることができます。Chancerのメインネットのローンチは2024年第1四半期に予定されています。

機能するようになると、Chancerはマーケットメイキング、バーチャルベッティング、WebRTC-Liveストリーミング、Share2Earnプログラム、ステーキング、フルバリデーターノードのデプロイメントに参加することができます。これらはすべて、メインネットのローンチ前にテストされます。

また、マーケットメイキングに参加し、ベッティングに参加する人々は手数料割引を受けることができるため、頻繁に使用するユーザーにとってプラットフォームが手頃な価格であるというインセンティブがあります。

ノードバリデーターはCHANCERトークンでパッシブインカムを得ることができ、ベット勝者はCHANCERトークンで報酬を受け取ることができます。