ChainstackがグローバルなElastic Nodesを立ち上げ、Web3のための最も信頼性の高いインフラストラクチャを開発者に提供します

ブロックチェーンのインフラストラクチャーサービスの主要プロバイダーであるChainstackは、最近、Global Elastic Nodesのローンチを発表しました。この新しいサービスは、Web 3.0のための最も信頼性の高いインフラストラクチャーを開発者に提供し、ブロックチェーンアプリケーションを容易に構築・展開することができるようにすることを目的としています。

リリースによると、Global Elastic Nodesは、開発者が変化するニーズに適応できる高度にスケーラブルで柔軟なインフラストラクチャーを提供するように設計されています。つまり、プロジェクトの要件が変更された場合でも、ダウンタイムやパフォーマンスの問題を心配することなく、インフラストラクチャーを簡単に拡大・縮小することができます。

Global Elastic Nodesの利点

Global Elastic Nodesは、APIリクエストを最も近い場所にルーティングする負荷分散ソリューションです。主な利点の1つは信頼性です。Chainstackは、これらのノードを最大限に応答性を高めるように設計し、サービスの可用性が99.95%以上になるようにしています。ロードバランサーは、ストレスや障害、遅延が発生した場合にノードまたは地理的位置を切り替えることができるため、開発者は中断することなく強力なユーザーエクスペリエンスを提供することができます。

例えば、トレーダーが取引プラットフォームに接続しており、ノードがニューヨークに位置している場合、トレーダーがオレゴンに拠点を置いている場合、アプリケーションにかなりの遅延が発生する可能性があります。しかし、Global Elastic Nodesを使用すると、トレーディングプラットフォームの開発者は、接続をオレゴンの最寄りの場所にルーティングすることで、アプリケーションでの潜在的な遅延を排除し、ユーザーに即時のトレーディングを保証することができます。

Global Elastic Nodesのもう1つの重要な利点は、簡単な使用方法です。ブロックチェーンインフラストラクチャープロバイダーは、ノードをシンプルで直感的に設計しており、開発者がインフラストラクチャーを設定・管理することが容易になっています。特に、開発者は、基盤となるインフラストラクチャーを心配することなく、ブロックチェーンアプリケーションの構築・展開に集中することができます。

さらに、Chainstackは、インフラストラクチャーがサイバー攻撃から保護されるように、さまざまなセキュリティ対策を実施しています。これには、定期的なセキュリティ更新とパッチ、高度な脅威検出と防止メカニズムが含まれます。

興味深いことに、Chainstack Global Elastic Nodesは、従量制で利用可能であり、開発者にとって非常にコスト効果が高くなっています。個々のリクエストに基づいて請求されるのではなく、請求書はリクエストユニットに基づいており、より安価になります。つまり、開発者は、前払い費用や長期契約の心配をすることなく、使用したリソースだけを支払うことができます。

Chainstackの創設者で最高技術責任者(CTO)であるEugene Aseev氏は、このローンチについて以下のように述べています。

「Global Elastic Nodesのローンチは、Web 3.0の開発者に前例のない信頼性を与え、次世代分散型アプリケーション(Dapps)の開発において業界をリードするパフォーマンスを提供することを目的としています。最新のソリューションを提供し、価格設定を最適化するために取り組んできました。」

つまり、Global Elastic Nodesのローンチは、Web 3.0のための最も信頼性の高いインフラストラクチャーを開発者に提供することを目的としています。高度に信頼性の高い、スケーラブルで安全なインフラストラクチャーを提供することで、Chainstackは、さまざまな業界でブロックチェーンアプリケーションの需要が高まるにつれて、成長を支援するために最適な位置にあります。

ノードインフラストラクチャーロールアウトに関与するWeb 3.0スタートアップ

Chainstack以外にも、新興のWeb 3.0スタートアップは、現在、ノードサービスのロールアウトに真剣に取り組んでいます。

数か月前、機関投資家向けステーキングおよび管理されたブロックチェーンインフラストラクチャープラットフォームのZeeveは、Coreumメインネットのバリデーターノードをプラットフォームにサポートすることを発表し、ユーザーがCoreumにバリデーターノードを数回クリックするだけで展開できるようにしました。Web 3.0インフラストラクチャーの重要なプレイヤーとして、Zeeveは、40以上のプロトコルにわたって4000以上のノードを展開しており、業界に対するその専門知識と献身を示しています。