「Chainlinkがユーザーがマルチシグに微妙な変更を見つけることで懸念に対応」

Chainlink addresses concerns by allowing users to find subtle changes in multi-signature.

Source: AdobeStock / faishalabdula

分散型オラクルネットワークであるChainlink (LINK) は、最近のマルチシグウォレットの署名者数の変更に関する批判に対応しました。

この変更は、必要な署名者数を4-of-9から4-of-8に減らしたものであり、ソーシャルメディア上で批評家からの反発を引き起こしました。

4-of-8のマルチシグ要件は、トランザクションを承認するために8つの署名のうち4つが必要なセキュリティ対策です。

最近の投稿で、暗号研究者であるクリス・ブレク氏は、会社からの公式な通知なしにChainlinkのマルチシグウォレットからウォレットアドレスが削除されたことを明かした匿名ユーザーの元の投稿を強調しました。

ブレク氏は「このマルチシグは、*任意の* Chainlink価格フィードを提供するために*任意の*価格を提供することができます。完全にこのマルチシグの下で中央集権化されています。」と述べました。

しかし、Chainlinkの広報担当者は、修正は定期的な署名者の入れ替えプロセスの一環であると主張していると報じられています。彼らは次のように述べました。

「Chainlinkのサービスの信頼性を保証するために使用されるマルチサインGnosis Safesは、定期的な署名者の入れ替えプロセスの一環として更新されました。署名者の入れ替えが完了し、Safesは通常の閾値設定を維持しています。」

ブレク氏はChainlinkの重要な批評家であり、プロジェクトに関連する中央集権リスクに対する懸念を表明しています。

彼は以前、Chainlinkの署名者が「反逆行為を行った場合、分散型ファイナンス(DeFi)エコシステム全体に潜在的な混乱を引き起こす可能性がある」と述べました。

ブレク氏はまた、AaveやMakerDAOなどのさまざまなDeFiプロジェクトが、正確な価格データのためにChainlinkのオラクルに依存していることを指摘しました。

Chainlinkは、イーサリアムベースのスマートコントラクトとブロックチェーンネットワークの制約を超えた現実世界のデータとサービスとの安全な通信を可能にする分散型オラクルネットワークです。

一方、ChainlinkのネイティブトークンであるLINKは、最近のポジティブなニュースの流入により強いパフォーマンスを示しています。

6月には、Chainlinkと米国証券清算会社(DTCC)がSWIFTブロックチェーン相互運用性プロジェクトで協力することを発表しました。

SWIFTは、主要なグローバルな銀行間メッセージングシステムであり、資産トークン化の採用を促進するためにChainlinkと協力することを目指しています。

さらに、Chainlinkのクロスチェーン相互運用プロトコルは、先週、機関投資家の採用に関して重要なマイルストーンを達成しました。

報告によれば、オーストラリアとニュージーランド銀行(ANZ)は、ANZが発行したオーストラリアドルペッグステーブルコインのクロスチェーン購入を完了するために、このプロトコルを使用しました。

Chainlinkは、この「さらなる実証」が「金融機関がCCIPを活用して公共およびプライベートのブロックチェーン間でクロスチェーントランザクションを容易にできることを示している」とツイートしています。

それにもかかわらず、LINKは現在7.24ドルで取引されており、過去24時間ほぼ変動していません。ただし、過去1週間で10.9%、過去14日間で21%以上の上昇を示しています。