Chainlinkの価格パターン形成:価格アクションへの影響

Chainlinkの価格パターン形成とは、価格アクションに対してどのような影響を与えるのかを説明します

最近の取引セッションでは、Chainlink(LINK)は上昇トレンドを示しています。$5のサポートレベルから大幅な反発を経験し、その後も上昇傾向を続けています。

過去の1週間でLINKは12%以上急騰しましたが、日次チャートでは上昇の勢いが鈍化しています。コインは上昇トレンドを駆動するバルシュ反転パターンを形成しました。

LINKのテクニカルな見通しはバルシュの強さを示していますが、需要はやや低下し、チャート上での蓄積もみられます。最近の取引セッションでは、LINKは価格の逆転の可能性を示唆するパターンを形成しています。

この逆転を防ぐためには、LINKが上昇トレンドを維持し、直近の抵抗レベルを超えることが重要です。さらに、時価総額のわずかな減少は買いの力が低下していることを示しています。

Chainlinkは1日チャートで$6.90で取引されました | 出典: TradingViewのLINKUSDT

執筆時点では、Chainlink(LINK)は$6.90で取引されています。コインは最近の$5からの反転に続いて大きなバルシュの強さを示しており、先週には逆頭肩形成がありました。

しかし、上昇にもかかわらず、LINKは歴史的にコインの強い天井となっている$7.30付近で抵抗を受ける可能性があります。

この抵抗は、赤で示されたダブルトップパターンによってさらに裏付けられており、ベアリッシュなシグナルとされています。

そのため、LINKは再び回復を試みる前に、ローカルサポートレベルの$6.60、さらには$5.80まで下落する可能性があります。

テクニカル分析

Chainlinkは1日チャートで買いの力がわずかに低下している | 出典: TradingViewのLINKUSDT

ダブルトップパターンの形成中、買いの力が著しく低下し、ベアリッシュな価格動向が示唆されています。相対力指数(RSI)はベアリッシュなダイバージェンスを示し、需要の低下を示しています。

RSIは半分のライン上にありますが、読み取りは買いの力が弱まっていることを示しています。しかし、LINKは20-Simple Moving Average(SMA)ライン上にとどまり続けており、買い手が価格の勢いをコントロールしていることを示しています。

ただし、現在の価格レベルからの下落があれば、LINKは20-SMA(赤)を下回る可能性があり、再び売り手が市場に戻ってくる可能性があります。

Chainlinkは1日チャートで買いのシグナルが減少している | 出典: TradingViewのLINKUSDT

1日チャートでは、アルトコインは買いのシグナルを示していますが、これらのシグナルはわずかに減少しています。

価格の勢いやトレンド転換を示す移動平均収束拡散(MACD)インジケーターは、減少する緑のヒストグラムを形成しており、買いのシグナルの減少が示唆されています。

さらに、ボリンジャーバンドは価格の変動性を示すものであり、今後の取引セッションで大きな価格変動の可能性を示しています。