Chainflipがネイティブの仮想通貨取引所を揺るがしている方法

Chainflipが仮想通貨取引所を揺るがす方法

2020年3月、Simon HarmanとOxenのチーム(以前はLOKIとして知られていました)は厳しい状況に直面しました。世界的なパンデミックの始まりであり、3年間の熊市の間に製品を開発するために資金が底をついていました。さらに、ビットコインの価値がわずかながらも歴史的な低さの3,000ドルに下がったばかりでした。Harmanは「私たちは事実上の死の砲口を見つめていました」と回想しています。生き残るためには、チームが新しい製品を開発する必要があることは明白でした-理想的には、プライバシーの領域とは異なる市場で動作する製品です。Oxenの暗号化メッセージングアプリ、Sessionがついにリリースされました。このプラットフォームは最終的に非常に人気を博し、月間ユーザー数は70万人に達しました。しかし、2020年初頭にはSessionはまだ収益性を持っておらず、Oxenはプライバシーの領域で特に運営が困難であることがわかっていました。彼らは新しい何かを必要としていて、そして急いでいました。

特にHarmanと彼のチームに興味を持ったアイデアがありました。彼らは、暗号通貨のネイティブなクロスチェーンスワップを可能にする分散化されたチェーンアグノスティックシステムの考えに感銘を受けました。最適な場合、ラップトークンや特殊なウォレット、複雑なスマートコントラクトを利用せずに、低スリッページで実現できる方法を彼らは想像していました。これらの目標の一部を達成する製品が市場に登場していましたが、Harmanと彼のチームはこれらの機能がすべて一つのシームレスなパッケージで動作する方法を考えました。その結果、Chainflipが設立され、プロトコルの開発が同年後半に始まりました。

分散化されたチェーンアグノスティックなソリューションの必要性は非常に明白だとHarmanは言います。「100,000ドルでビットコインを購入したいとします。私はBinanceや他の中央集権の取引所でその巨額のお金を使って実際に市場価格で購入できるでしょう。しかし、中央集権の取引所ではやりたくない場合はどうでしょうか?それをオンチェーンで行いたい場合、現在はネイティブにはできません。ビットコインウォレットで実際のビットコインを手に入れることはできません。どこかでラップトークンを手に入れることはできるかもしれませんが、それには目的を台無しにするセキュリティリスクが伴います。ネイティブのビットコインを手に入れたい場合、現在世界中にこれをオンチェーンで行う施設は存在していません。これは非常に大きな問題です。」

Chainflipは市場にあるクロスチェーンDEXの唯一の存在ではないことをHarmanは認めます。しかし、Chainflipの興味深い点は、「しきい値署名スキームを使用して、これらの異なるブロックチェーン上にウォレットを作成する」ということです。たとえば、Binanceには「さまざまなブロックチェーン上に多くのウォレットがあります」-Binanceを使用してクロスチェーンスワップを行う場合、ユーザーはそれらの異なるチェーン上にある資金を自由に引き出したり預けたりして、実際の取引をオフチェーンで行います。Harmanは、これが非常に効率的な方法だと言います。「彼らは基礎となるブロックチェーン構造には関心を持っておらず、すべてが抽象化されているため、すばらしいことがたくさんできます。」Chainflipは、Harmanによれば、チェーンアグノスティックなバックエンドを持つという同じコンセプトに基づいていますが、専用のアプリチェーンで取引自体をオンチェーンで行い、しきい値署名スキームを使用して完全に分散化されたネットワークでこれを実現しています。

さらに、他の製品とは類似点があるかもしれませんが、HarmanはChainflipの市場が完全に異なる構造を持っていると説明しています。「私たちは流動性と価格においては制限が少ないです。リミットオーダーやその他のものを導入して、中央集権の取引所や他の市場の流動性を活用しています。しきい値署名が機能する方法やサポートしているチェーンは他のどの製品とも異なっています。」

Harmanは、最終的にはクライアントがChainflipの関連性を決定すると認識しています。「私は最終的には、速度、ガス料金、価格などのいくつかの要素になると思います。これらの要素を市場で改善できると期待しています。Chainflipは非常に魅力的な位置づけを持つでしょう。」

高校時代からの仮想通貨愛好家であるハーマンは、Chainflipのような製品が他のどの時点でも存在しえなかったことを認識しています。「2020年以前には、まだ誰もまとめていなかった多くの新しいアイデアがこの領域で浮かんでいました」と彼は言います。「たとえば、私たちが使用しているFROST署名アルゴリズムは、これまでに存在したどんなものよりも効率的です。Bitcoinがその署名アルゴリズムの使用を可能にするということはわかっていました。だから、2020年まで実現不可能だったChainflipのような解決策を可能にする新しい技術のいくつかの発展が同時に起こりました」

ハーマンの考えでは、このような革新は巨人の肩に立つことによってのみ可能です。「Chainflipは、実際には過去10年間の仮想通貨の領域で行われた多くの研究と実験の成果に基づいて構築された最先端の技術です」と彼は言います。「だから、これは本当に以前に生まれた素晴らしいアイデアの上に進化したものなのです」

シモン・ハーマンはChainflip LabsのCEO兼創設者です。

この記事は、ブロックチェーン技術業界のシニアエグゼクティブや専門家の審査を受けた組織であるCointelegraph Innovation Circleを通じて公開されました。この組織はつながり、協力、思想のリーダーシップの力を通じて未来を築いている人々です。ここに表明された意見は必ずしもCointelegraphのものではありません。

Cointelegraph Innovation Circleについて詳しく学び、参加資格があるかどうかを確認する