「CFTC(商品先物取引委員会)の仮想通貨執行措置のうち、3分の1が今年行われました:ベナム委員長」

CFTC Chair Benham One-third of the CFTC's cryptocurrency enforcement actions were carried out this year.

アメリカ商品先物取引委員会(CFTC)の議長であるロスティン・ベーナムは、シカゴで開催された金融業界協会エキスポ2023で、同機関の仮想通貨分野における活動と最新の立法の必要性を強調しました。彼はCFTC執行部門の取り組みを「絶え間ないドラムビート」と表現しました。

彼の基調講演のテキスト版では、ベーナム氏は2023会計年度において同機関が集めた60億ドルの罰金について説明しました。彼は以下のように述べました:

「今年の会計年度において、これらの(執行)行動のうち45件がデジタルアセットに関連する不正行為であり、2015年以来のこのような行動の131件のうち34%以上を占めています。」

ベーナム氏は、Ooki DAOに対する「前例になる訴訟」についても言及しました。この訴訟は分散型自律組織(DAO)であるOoki DAOの閉鎖と643,542ドルの罰金をもたらしました。カリフォルニア州北地区連邦地方裁判所はOoki DAOに対する異議なしの判決で、DAOは1936年の商品取引法(CEA)における「人物」とみなされると判断しました。

ベーナム氏は、機関の将来の方向性について話す際にCEAに言及しました。「最新の時代の基盤は、革新的なテクノロジーによってもたらされた非中間化です:DeFi、AI、および標準的なWiFi」と彼は述べましたが、以下のように続けました:

「基本的に別の時代に確立されたCEAの制約は、我々の使命に必要な規則作成と政策に従事する上で実際的な障壁を作り出していますが、それが我々の範囲を超えています。」

さらに、これらの制約は「機関が意図した範囲内で行動していることを保証するためにますますリソースを消耗する探求を強いています」と彼は述べました。

私は@FIAconnectの#FIAExpoでの月曜日の朝に行われる@CFTCの議題と執行について話すことを楽しみにしています。私の発言はhttps://t.co/JojHNdQoVhでオンラインで公開されます。

— Rostin Behnam(@CFTCbehnam)2023年10月2日

ベーナム氏によれば、金融市場全体における「デジタル化およびDeFiの約束」によって引き起こされる垂直統合は、規制上の懸念を引き起こし、「顧客保護は今では異なる意味を持つ」とのことです。

関連記事:CFTC委員が仮想通貨規制のパイロットプログラムを提案

ベーナム氏の発言は、証券取引委員会(SEC)の議長であるゲイリー・ゲンスラー氏の立場とは対照的です。ゲンスラー氏は、大恐慌時代の金融立法は「過去90年間、投資家と経済成長に非常に有益であり、手を加えるべきではない」との立場をとっています。

ベーナム氏はまた、CFTCの執行権限に対する制約に間接的に言及しました。「犠牲者が苦しむまで待たなければならないと主張することは、我々の使命と目的を下げる」と彼は述べました。「私は引き続き仮想通貨の領域における追加の権限を主張しています」と後に加えました。

記事:暗号通貨の整理:過度な執行はどれくらいまで許容されるべきか?