Cerebras SystemsとG42が合体し、1億ドルのAIスーパーコンピューター取引を成立させました

Cerebras Systems and G42 merged, completing a $100 million AI supercomputer deal.

Cerebras Systemsは、シリコンバレーに拠点を置く人工知能(AI)企業で、アラブ首長国連邦(UAE)に拠点を置く有力なテクノロジーグループであるG42との戦略的パートナーシップを確保しました。この取引により、約1億ドル相当の3台の最先端の人工知能スーパーコンピュータの供給が行われます。このコラボレーションは、クラウドコンピューティングプロバイダーがAIコンピューティングソリューションへの高い需要に対応するため、Nvidia Corpの製品がChatGPTなどのサービスの人気により不足している中、他の代替手段を求める世界中の企業によって行われています。

CerebrasのCondor Galaxyシステムは、その高度な機能により、AIコンピューティング市場でのNvidiaの支配に挑戦し、大きな注目を集めています。G42は、これらのシステムを3台取得し、今後のコラボレーションをさらに拡大し、来年には最大9台の追加ユニットを取得する予定です。これらのシステムは、展開を加速するためにアメリカで製造されています。7月20日に発表されたところによれば、最初のAIスーパーコンピュータであるCondor Galaxy 1(CG-1)は今年稼働予定であり、残りの2台であるCG-2とCG-3は2024年初めまでにオンラインになる予定です。

CerebrasのCEOがUAEに3か月間駐在

この1億ドルの取引は、2つの革新的な企業の戦略的パートナーシップとして始まります。この提携の一環として、CerebrasのCEOであるAndrew Feldmanは、UAEに3か月間駐在する意向を明らかにしました。この期間中、CerebrasのCEOはG42と緊密に協力し、革新的なAIシステムを使用したコンピューティングサービスをさらに開発する予定です。Feldmanは、これをさまざまなセクターに対して先進的なAIコンピューティングソリューションを創造する貴重な機会と捉えています。

アブダビを拠点とするG42は、データセンターやクラウドサービス事業を専門とする9つの事業会社を持つテックコングロマリットです。CerebrasのAIスーパーコンピュータの取得により、同社は医療やエネルギーなどの産業に先進的なAIコンピューティングサービスを提供し、これらのセクターがAI技術を活用する方法を革新します。

両社の協力は、専門知識とリソースの強力な組み合わせを表しており、G42は、米国のテック投資会社Silver Lakeからの8億ドルの重要な支援を獲得しています。Silver Lakeは、UAEの主権国家基金であるMudabalaによって強力に支援されています。

成功のための「ホワイトグローブ」サービス

Cerebrasの独自の「ホワイトグローブ」サービスは、この新たな提携の促進に重要な役割を果たしています。G42 CloudのCEOであるTalal AlKaissiは、同社が機械上でAIシステムを構築する際の円滑なサポートに対してCerebrasを称賛し、提携をスムーズかつ効率的なプロセスにしたと述べました。彼は、余剰能力を活用して、特に米国の生態系に焦点を当て、世界中のオープンソースAIコミュニティにAIソリューションを提供する可能性についても示唆しました。

「Cerebrasは、彼らが「ホワイトグローブ」と呼んでいるサービスを提供しており、私たちが彼らのマシン上でAIシステムを構築するのに役立っています。私たちは、この余剰能力を活用して、世界中のオープンソースAIコミュニティ、特に米国の生態系において、Cerebrasと卸売りを行いたいと考えています」とAlKaissiはReutersに語りました。