「破産したCelsiusは、GK8の売上から2400万ドルを法律費用に費やす予定です」

Celsius, which has gone bankrupt, plans to allocate $24 million from GK8's revenue for legal expenses.

破産した仮想通貨貸付企業のセルシウスは、自己保持プラットフォームGK8の売却からの資金分配に関連する動議に対して裁判所に救済を求めました。

7月17日、セルシウスネットワークの債務者は、シリーズBホルダーがGK8の売却益から2,500万ドルを分配する合意に同意したという申立書を提出しました。

この合意は、債務者、債権者委員会、および初めて同意したシリーズB優先株主の間で達成されました。

文書によると、株主は法的費用に2,400万ドルを割り当てることを提案し、残りの100万ドルを株主の間で分配することを提案しました。

「和解の主な目的が管理コストを削減することであることを考慮し、債務者は提案された割り当てに同意し、初めて同意したシリーズBホルダーに互恵的な利益を提供します」と申立書には記載されています。

裁判所文書によると、和解合意は「相互の希望」に基づいており、費用のかかる訴訟や長期の確認プロセスを避けるためのものです。申立書は以下のように述べています。

「この和解は、債務者の債権者に莫大な価値をもたらすだけでなく、債務者およびすべての当事者に将来の道筋を提供します。本件申立書に記載された理由および動議に基づき、裁判所は異議を棄却し、動議で要求された救済を認めるべきです。」

以前に報道されたように、セルシウスは2021年末にイスラエルの自己保持スタートアップGK8を1億1,500万ドルで買収しました。トラブルのある暗号通貨貸付業者は、2022年のセルシウスの崩壊に続いてGK8を売却することを余儀なくされました。

関連記事: 元セルシウスCEOアレックス・マシンスキー氏が逮捕されたと報道

2022年末、マイク・ノヴォグラッツ率いる投資会社ギャラクシーデジタルがGK8の競売に勝利しました。買収により、ギャラクシーは暗号通貨専門家やブロックチェーンエンジニアを含むGK8の40人のチーム、およびテルアビブのオフィスを取得しました。2023年7月、GK8はニューヨークのオフィスで金融幹部との会議を開催しました。

「私たちは、アメリカの最大の金融機関を代表するトップエグゼクティブが、数兆ドルを担当し、デジタル資産の未来をリードしているニューヨークのオフィスで開催して光栄でした。#NYC #digitalassets #Tokenization #blockchaintech pic.twitter.com/DEte55oavP

— GK8 (@GK8_Security) July 17, 2023

このニュースは、セルシウスが7月中旬に一連の法的問題に取り組んでいる最中です。7月13日、米国証券取引委員会がセルシウスに対して訴訟を提起し、元CEOアレックス・マシンスキー氏の逮捕に伴う報道がありました。同日、米連邦取引委員会もセルシウスに対して47億ドルの罰金を科しました。

マシンスキー氏は顧客の誤認やセルシウス(CEL)トークンの膨張に関する容疑で無罪を主張し、その後、4000万ドルの保釈金で釈放されました。

マガジン: 子供にビットコインの本を「オレンジの錠剤」にするべきか?