BTC、ETH に対して ADA、MATIC、SOL およびその他のアルトコインを 1億7000万ドル以上で売却する可能性がある Celsius

暗号通貨の貸付会社であるCelsiusは、破産手続きを監督している裁判官の承認を受け、7月1日からCardano(ADA)、Polygon(MATIC)、Solana(SOL)などの主要な保有通貨を売却する可能性があります。

昨年12月の裁判所の文書によると、Celsiusは2022年11月25日時点で、90百万MATIC、103百万ADA、161,000 SOL、3.3百万LINK、180万Polkadot(DOT)、20万Litecoin(LTC)、10万AAVEを保有していました。これらの資産における会社の現在のポジションや、売却から除外される部分の量は完全に明確ではありませんでした。

これらのポジションは、時点で合計で1億7000万ドル以上の価値がありました。Celsiusは安定した価値を持つ数百万ドル以上のステーブルコインと、自社のCELトークンを6億5000万ドル保有しています。Coinmarketcapによると、このトランシェは理論的には約1億ドルの価値があるとされていますが、Celsiusが自社のネイティブアセットを清算できるかどうかは明確ではありませんでした。

とはいえ、破産裁判官マーティン・グレンの承認により、Celsiusはまもなくビットコインとイーサリアムに優先して多くのポジションを売却し、お金の返済を待ち続けている債権者に最終的に分配される2つの資産に移行することになります。

グレン裁判官の判決によると、Celsiusは「2023年7月1日以降、BTCまたはETHに関連付けられていない非BTCおよび非ETHの仮想通貨、トークン、その他の仮想通貨資産をBTCまたはETHに売却または換金することができる」とされています。

Stephen Alpherによる編集。