セルシウスネットワークの評価コンサルタントが債務者の資産と負債の価値を承認

Celsius Networkの評価コンサルタントが債務者の資産と負債を承認

Celsius Networkの評価顧問であるStout Risius Ross LLCの数学者は、2023年5月31日現在の債務者の資産および負債の公正価値が正しいことを確認しました。

ニューヨークの破産裁判所での声明において、Joel E. Cohenは評価の分析方法と結論に至るまでの手法について詳細を述べました。Cohenは声明で次のように述べています:

「私が行った作業と考慮した情報および手法に基づき、私は評価レポートが2023年5月31日現在の債務者の一部の資産および負債の公正価値を正確に反映していると信じています。」

Celsiusの債権者からの投票結果が月曜日に発表され、彼らが約20億ドル相当のBitcoin(BTC)およびEther(ETH)を受け取る計画に同意しました。Celsius NetworkのX(旧Twitter)の投稿によると、対象クラスの債権者の95%以上がCelsius Networkの第11章破産手続きにおける基金配分に賛成の投票を行いました。

20億ドルの支払いに加えて、破産手続きでは一時的に「NewCo」という名前の新会社の株式を分配する計画も含まれています。8月の開示書によれば:

「NewCoは、債務者のBitcoinマイニング事業を運営し、Ethereumをステーキングし、債務者の他の非流動資産を現金化し、新たな価値創造のための規制遵守ビジネス機会を開発します。」

CryptoコンソーシアムであるFahrenheit GroupがNewCoを管理します。このコンソーシアムには、ベンチャーキャピタル企業Arrington CapitalやAlgorandの前CEOであるSteven Kokinosなど、いくつかの組織や個人が含まれています。その他にはArrington CapitalのアドバイザーであるRavi Kazaと、仮想通貨マイニング会社であるUS Bitcoin Corpも含まれています。

Celsius Networkの評価と債務

Celsius Networkは、一時的に管理されていた資産が200億ドルを超えた時点で、2022年の暗号市場の低迷による問題に直面しました。同社は最終的に2022年7月に第11章破産を申請し、CEOのAlex Mashinskyはそれを「コミュニティと会社にとって正しい決定だと述べました。」会社はその前の月に出金を一時停止していました。

Celsiusは最初の破産申請で約12億ドルの債務を公表しました。しかし、Coin Reportによると、債務は約285億ドルになる可能性があります。報告書によれば、同社の純負債は66億ドルで、総資産管理額は28.5億ドルでした。対照的に、Celsiusは資産管理額43億ドルと負債55億ドルを申告しました。

SECおよびCFTCの行動

CEOのMashinskyが出金を一時停止する前に10億ドル相当の暗号通貨を引き出したというニュースが広まると、この事件は一部の論争に包まれました。また、Mashinskyが適切でない取引の判断に不当に干渉していたといういくつかの告発もありました。

後に法廷文書によって、Mashinsky、CTOのNuke Goldstein、およびCSOのDaniel Leonが5月から6月にかけて合計5612万ドルを引き出し、会社が出金を一時停止する前にこれらの資金が保管口座から引き出されたことが明らかになりました。これらの資金はBTC、ETH、USDC、およびCELから成り立っていました。

2022年7月、米国証券取引委員会(SEC)がMashinskyとCelsiusを訴え、証券詐欺の罪で告発しました。マシンスキーは商品先物取引委員会(CFTC)が複数の米国規制に違反したと認定した後に逮捕されました。