セルシウスの債務者は、本日からオルトコインをビットコインやイーサに変換することができます

ニューヨーク南部地区連邦倒産裁判所は、セルシウスの債務者が本日からアルトコインをビットコインとイーサリアムに交換することを許可しました。

6月30日に倒産裁判官マーティン・グレンによって出された命令は、近い将来債権者への資金の分配にも役立つでしょう。

仮想通貨の売却と取引の提案は、セルシウスと米国証券取引委員会(SEC)との協議の後に承認されました。

この命令では、ウィズホールド口座やカストディ口座に関連するトークンの売却や取引は許可されていません。セルシウスは、2022年7月13日にテラが崩壊し、100億ドルの負債を抱えて倒産を申請しました。

セルシウスの新オーナー

暗号通貨コンソーシアムのファーレンハイトが、2023年5月25日に破産状態の暗号通貨貸付プラットフォームであるセルシウスを取得しました。

ファーレンハイトは、セルシウスネットワークの再編倒産計画を立案する意向を発表しました。

ただし、これらの計画の詳細はまだ公開されていません。最新の判決により、オーナーはビットコインとイーサリアムのみで資産を分配することが明確になりました。

ファーレンハイトは、セルシウスネットワークの機関向け貸付ポートフォリオ、ステーキングされた仮想通貨、マイニングユニット、その他の投資を取得するための入札に勝利しました。

判決によれば、新会社は流動性のある仮想通貨で4億5000万ドルから5億ドルの間を受け取ることになります。

買収後、セルシウスはファーレンハイトとの新しい計画スポンサー契約およびBRICとのバックアップ計画スポンサー契約の交渉と提出を目指しています。

この仮想通貨貸付会社は、倒産裁判所の承認後に改正第11章計画と開示声明を提出する予定です。

セルシウスネットワークの債務者がアルトコインをビットコインとイーサリアムに変換できるようにする決定は、米国証券取引委員会(SEC)の仮想通貨取引所およびアルトコインへの取り締まりが続いている状況の中で行われました。

金融規制機関はこれまでにカルダノ、ポリゴン、ソラナを含む160以上の仮想通貨を証券として分類しています。その後、多くの暗号通貨企業がアルトコインの保有をビットコインとイーサリアムに変換することを決定しました。