Celsiusが裁判所の承認を受けて、25百万ドルのオルトコインを処分しました

Celsiusは、裁判所の承認を得て25百万ドル相当のオルトコインを売却しました

出典:Adobe / Canva

破産した仮想通貨レンダーのCelsiusは、今月初めに米国の裁判所によって、アルトコインをBTCとETHに変換することを承認された後、約2500万ドル相当の異なるアルトコインを清算しました。

Celsius Networkは、Chainlink(LINK)、BNBコイン、Synthetix Network(SNX)、1Inch、0x Protocol(ZRX)、Shiba InuのBONEなど、約2500万ドル相当の複数のアルトコインを清算しました。

この売却は、裁判所が破産した企業に対してアルトコインをBTCとETHに変換して債権者に分配するよう要求を承認した後に行われました。

裁判所は、破産した企業が1700万ドル相当のアルトコインをBTCとETHに変換することを許可しました。

先週、Celsius Networkは複数の取引で、少なくとも7000万ドル相当のアルトコインを会社の「Fireblocks Custody」ウォレットから「Celsius Network: OTC」ウォレットに移動しました。

CelsiusがFalconXに2500万ドル相当のアルトコインを移動

オンチェーンの分析プラットフォームLookonchainによると、Celsius Networkは1.27Mの$LINK(850万ドル)、2.83Mの$SNX(784万ドル)、12,597の$BNB(300万ドル)、4.45Mの1INCH(226万ドル)、8.53Mの$ZRX(190万ドル)、439Kの$FTX(71.3万ドル)をFalconXに移動しました。

Celsiusはまた、約23.5万ドル相当の186,149のBONEトークンをOKX暗号通貨取引所に送金しました。

Celsiusが新しいウォレットに7000万ドル相当のアルトコインを移動した時点で、同社はイーサリアム仮想マシン(EVM)チェーン上で約1億6450万ドル相当のアルトコインを保有していました。そのうち、約2500万ドル相当のトークンを売却しました。

先に報じられたように、Celsiusは2022年7月に破産を申請する前に、約1億6000万ドル相当のラップトビトコインを第三者のウォレットに移動したとされています。

それらのアドレスのいくつかは、Wintermuteが管理していると報告されています。

ブロックチェーンインテリジェンス企業のArkhamによると、Celsiusは5月にWintermuteウォレットに約2000万ドル相当のWETHを移動しました。

新しい合意によれば、Celsius Networkの新しいオーナーである暗号通貨コンソーシアムFahrenheitは、流動性暗号通貨で約4億5000万ドルから5億ドルの間を受け取る予定です。

元Celsius CEOが詐欺の訴えを受ける

先に報じられたように、元Celsius CEOのアレックス・マシンスキーは、7月13日に逮捕され、証券詐欺、電話詐欺、商品詐欺などの7つの刑事告発を受けています。

先週、マシンスキー氏は全ての告発に無罪を主張し、保釈金は4000万ドルとされました。

マシンスキー氏の起訴には、米国証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)、連邦取引委員会(FTC)からの一連の訴訟が伴いました。

証券取引委員会は、倒産した仮想通貨レンダーであるCelsiusとその共同設立者兼CEOであるマシンスキー氏が証券詐欺を犯したとして告発しています。