元CelsiusのCEOであるアレックス・マシンスキー氏は無罪を主張し、保釈金は4000万ドルに設定されました

CelsiusのCEOであるアレックス・マシンスキー氏は無罪を主張し、保釈金は4000万ドルと設定されました

出典:ビデオスクリーンショット、Youtube、Nasdaq

元CelsiusのCEOであるアレックス・マシンスキーの保釈金が、アメリカの地方裁判所の判事によって4000万ドルに設定されました。

マシンスキーは、先週木曜日に逮捕された後、CELトークンの価値を人為的に膨らませ、顧客を誤誘導した詐欺罪の容疑を否認しました。

裁判所の文書によれば、破産した仮想通貨貸付業者Celsius NetworkのCEOは、本日妻ともう1人の人物によって署名される個人保証金の形で、4000万ドルの保釈金を支払うことに同意したため、刑務所から釈放される予定です。

4000万ドルの保釈金は、マシンスキーのニューヨーク市の居住地と銀行口座を担保としています。

彼はまた、旅行書類を当局に提出し、当面はニューヨーク州外に出国することはできません。

地方裁判所はまた、Celsiusの共同創設者が予審サービスの事前承認なしに、新たな金融、ビジネス、または個人の銀行口座、信用枠、または仮想通貨口座を開設することを禁止しました。

Celsiusの共同創設者で元CEOはすべての告発を否認

マシンスキーは、証券詐欺、電信詐欺、商品詐欺を含む7つの刑事容疑に直面した後、先週木曜日に逮捕されました。

Celsiusの最高収益責任者であるロニ・コーエン・パヴォンも、ネットワークのネイティブトークンCELの価格を人為的に膨らませることで告発されました。

ニューヨーク地域の刑事部の職員は、先週木曜日の記者会見で、マシンスキーがそのプラットフォームのネイティブトークンの価格操作により4000万ドル以上を稼いだと述べました。

この元CEOはすべての容疑を否認しています。彼の弁護士は声明で、これら根拠のない告発に対して法廷で熱心に自己を弁護することを楽しみにしていると述べています。

マシンスキーは3つの連邦機関からの訴訟に直面

アレックス・マシンスキーの起訴には、米国証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)、連邦取引委員会(FTC)からの訴訟が伴っています。

今年の早い時期に、ニューヨーク州司法長官のレティシア・ジェームズも、破産前の同社の財務に関して投資家を誤誘導したとしてマシンスキーに対して訴訟を起こしました。

米国証券取引委員会は、Celsiusとマシンスキーが証券詐欺を犯したと主張し、CELとCelsiusのEarn製品が証券であると主張しています。

別の訴訟では、商品先物取引委員会は破産した仮想通貨貸付業者が連邦商品規制を違反したと非難しています。

商品規制当局はまた、同社がコモディティ・プール・オペレーターとして登録せず、関連する開示書類を提供しなかったため、同社が詐欺行為を行ったと主張しています。