「Celoブロックチェーンは、トークンがほぼ10%上昇し、Ethereumレイヤー2ネットワークへの移行の準備を進めています」

Celo blockchain is preparing for the migration to Ethereum Layer 2 network, with token value increasing by nearly 10%.

セロブロックチェーンの開発元であるCLabsは、現在、Ethereumエコシステムへの移行を検討しています。チームは、この決定を「セロとEthereumコミュニティのメンバーとの数ヶ月にわたる調査と初期の議論の結果」と述べたTwitterの発表を通じて提案しました。

発表によれば、提案では、セロブロックチェーンが独立したレイヤー1のブロックチェーンからEthereumレイヤー2のソリューションに移行することを目指しています。ただし、最終的な決定は、コミュニティが7月22日(土曜日)に投票した後になされます。

専門家によると、セロブロックチェーンは移行によって大きな利益を得る可能性があります

セロチームは、予想される移行に対して非常に前向きな雰囲気を醸し出しています。提案されたEthereumエコシステムへの移行の技術的な分析によると、ブロックチェーンは多くの利益を得ることができます。それには、改善されたセキュリティ、より大きな流動性、および他の多くの利点が含まれます。

一方、移行は初めにOptimismのOPスタックに依存することが予想されています。Celo Forumの投稿では次のように評価されています。

「セロをOPスタックを利用するように移行することで、互換性を監視する必要がなくなり、セロの開発者はEthereumのツールやライブラリを自由に利用することができます。」

さらに、セロは既にEthereum仮想マシン(EVM)と非常に互換性があります。したがって、互換性の点では、Ethereumの開発者は既存のアプリケーションを簡単に移行することができます。また、新しいアプリケーションを作成する場合は、既に慣れている多くの同じツールを使用することができます。

CELOトークンが急上昇

一方、ブロックチェーンのネイティブトークンであるCELOは、この発表に対して好意的な反応を示しています。これはまさに予想されていることです。このような大規模なアップグレードが行われる際には、トークンの急騰がよく見られます。発表時点では、CELOは過去1週間でほぼ9.96%上昇し、0.545ドルに達しました。CoinMarketCapのデータによれば、このトークンは過去1か月で35%以上の成長を遂げています。