CELが、Celisus Networkとその元CEOが有罪判決を受けた後、下落しました

  • 米国商品先物取引委員会(CFTC)は、Celsius Networkに対する調査を終了しました。
  • CFTCは、同社が崩壊する前に元CEOとCelsius Networkがいくつかのルールを破ったと判断しました。
  • Celsiusのネイティブ暗号通貨であるCLEの価格は、この事実が明らかになった後、10%の価値を失いました。

調査の結果、米国商品先物取引委員会(CFTC)は、暗号通貨貸付業者であるCelsius Networkとその元CEOであるAlex Mashinskyが、崩壊する前に米国の法律を破ったと結論付けました。

CFTCの報告によると、調査結果は、Celsiusが投資家を欺き、CFTCへの登録を怠ったことを示しています。もしCFTCの大半の委員がこれらの結果に同意すれば、CFTCは今月中に連邦裁判所に訴訟を提起する可能性があります。

ニューヨーク州司法長官はすでにCelsiusを提訴

ニューヨーク州の司法長官であるLetitia Jamesは、Celsius Networkの崩壊に続いてすでに訴訟を起こしています。Jamesは、Mashinskyが会社の財務状況を誤って表現し、プラットフォームのセキュリティについて誤った主張をしたと主張しています。

Jamesの訴訟は、1月に提起された訴訟で、Mashinskyが仮想通貨貸付業者に巨額の資金を預けるよう顧客を説得するために「虚偽で誤解を招く表現」をしたとして、ニューヨーク州の26,000人以上の居住者を含む何百万人もの投資家を詐欺行為で告発しています。

Celsiusに実際に何が起こったのか?

Celsiusは2017年に設立され、Covid-19パンデミック中にローン商品と魅力的な金利を提供することで注目を集めました。

Mashinskyは、これらの商品を従来の銀行が提供するものに比べてリスクが少ない選択肢として頻繁に紹介しました。しかし、Celsiusの市場ブームはテラのアルゴリズム安定コインUSTの崩壊と暗号通貨市場の低迷により長くは続きませんでした。

Celsiusは当初、テラルナの崩壊後に損失を出していないと否定しましたが、顧客の大量出金の波に直面しました。出金は2022年6月に凍結され、1か月後には破産保護を申請しました。

証券取引委員会(SEC)とマンハッタンの連邦検察官も、Celsiusの破産申請に基づいて調査を行っています。

今年3月、裁判所はCelsiusの出金を再開し、6月には仮想通貨貸付業者がオルトコインの保有をBitcoin(BTC)とEthereum(ETH)に変換することを許可しました。