CBDC(中央銀行デジタル通貨)は、現在の問題を解決することではありません-オーストラリアのCBDCリード

中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、現在直面している問題を解決するわけではないかもしれませんが、考えられていない問題の答えになるかもしれません。オーストラリアのCBDCパイロットを指導している幹部は述べています。

Kocooに対して語った元リップルの幹部で、現在オーストラリアのCBDC研究プロジェクトを指導しているディリップ・ラオ氏は、中央銀行発行の通貨はまだ考慮されていないユースケースを想定して構築できると考えています。

「今日の問題を解決するかもしれませんが、おそらく明後日の問題を解決するかもしれません。」

ラオ氏は、ポテンシャルなCBDCのユースケースを探索するためにリザーブバンクと協力しているデジタルファイナンス共同研究センター(DFCRC)の研究プログラムディレクターを務めています。

ラオ氏はただし、なぜ個人がそれを使用したいのか、必要なのかという問いにまだ答えが出ていないと述べました。

ラオ氏が説明するところによれば、将来的には大手機関がトークン化された資産を市場で取引することがあり、リスクを軽減するためにCBDCを使用したいと考えるかもしれないとのことです。

#AustralianCBDCPilotカンファレンスの参加者に大感謝!現地では100人以上、オンラインでも150人以上!15のユースケースがデモンストレーションされ、3つのパネルが#futureofmoneyについてのより深い洞察を提供しました!@RBAInfo、@DigiFinanceCRC、財務省、すべての業界パートナーに感謝! pic.twitter.com/0wvNrMechi

— diliprao (@diliprao) May 29, 2023

オーストラリアのCBDCパイロットは、14の可能性のあるユースケースを検討しています。ラオ氏は、まだ公開されていないこれらのテストに関する報告書が、さらなる探索に値するものを絞り込むだろうと述べました。

「すべてのユースケースでCBDCが必要なわけではありません」と彼は言いました。「人々はその中に価値を見出さなければなりません」と彼は付け加えました。

関連記事:仮想通貨のデバンキングは業界を地下に追いやる可能性がある:オーストラリア財務省

CBDCにとって、少なくともオーストラリアでは必要な立法の変更が公の支持を得る必要があります。

ラオ氏は、「議員が参加する必要がある」と述べ、幅広い公開協議が必要とされると付け加えました。

このような協議は、ラオ氏によれば、「人々が解決してほしい問題」に焦点を当てることになります。「政治家は票を失うようなことはしない」と彼は付け加えました。

「[…] あなたがやっていることに対して人々が快適であることを確認するために、技術または立法を使ってそれらの問題を解決する必要があります。」

雑誌:シドニーの仮想通貨都市ガイド:単なる「トークン」の橋よりも