カルダノの2021年5月以来最悪の週が終わりました – ADA価格は40%反発するでしょうか?

カルダノ(ADA)は、先週約30%急落し、2021年5月のテラ崩壊による暴落以来の最悪の7日間のパフォーマンスを記録した後、控えめに反発しました。しかし、テクニカル分析に基づくと、ADAは今後数か月で急激な回復を迎える準備ができています。

6か月安値から30%上昇したADA価格

6月12日、ADA価格は2.25%上昇して0.28ドルに達し、先週の0.22ドルの6か月安値から約27%上昇しました。この上昇は、他の暗号市場でも上昇傾向にあり、投資家がディップを買っていることを示唆しています。

カルダノが先週悪いパフォーマンスを記録した理由には、米国証券取引委員会(SEC)が暗号取引所BinanceとCoinbaseに対して提起した訴訟で未登録の証券としてラベル付けしたことが含まれます。

6月9日、米国の投資プラットフォームRobinhoodは、ユーザーが暗号通貨を取引できるプラットフォームからADAを削除することを発表しました。これに先立ち、ADAの価格はその日に30%下落しました。

カルダノはまた、米国の機関投資家向けに提供されたサービスの一部であった暗号取引所Crypto.comのサービスの対象でした。同社は6月9日に、これらのサービスを終了し、ADAを米国の潜在的な主要投資家層に制限しました。

2020年3月以来最もオーバーセルド状態のカルダノ

しかし、カルダノのテクニカルは、可能性のある反発を示唆しています。たとえば、現在進行中のトークン回復は、その日の相対強度指数(RSI)が20に低下した、2020年3月以来最もオーバーセルド状態になった後に起こりました。

オーバーセルド状態のRSI読み取りは、通常、価格の一段階の回復またはコンソリデーションを先行します。

たとえば、ADA価格は2020年3月のオーバーセルド状態の後、4か月後に900%急騰しました。これは、連邦準備制度の量的緩和政策によって、リスキーな市場全体の上昇感情が高まったためです。

ただし、インフレが持続する中で連邦準備制度が引き続き利上げを行うため、市場から余剰な現金が引き出されることになります。また、SECの暗号規制は、ADAなどの暗号資産にとって米国で不利な市場環境を作り出しています。

したがって、もしオーバーセルド状態の反発が起きた場合でも、2020年3月の読み取り後に市場が見たような強力な反発ではなくなる可能性があります。

3日チャートによると、ADAは、以下に示すように、$0.247~0.382の範囲内でレンジバウンドしています。これは、2021年1月と2023年1月の価格トレンドと似ています。

したがって、$0.247のサポートからの反発は、2023年10月までに$0.382に向けた上昇トレンドを開始する可能性があります。$0.382のレジスタンスは、現在のレベルから40%上昇しており、200-3D EMA(赤い波)とも一致しています。

逆に、$0.247のサポートを決定的に下回ると、ベアは価格を2023年10月までに約30%下落させる可能性がある$0.19のレジスタンスターンドサポートレベルに向けて価格を引っ張ります。

関連記事:ナイジェリアの規制当局、Binanceの業務停止