カルダノ、ソラナ、ポリゴンはRevolutがリストから削除する計画を立てているにもかかわらず、成果を上げています

Revolut(銀行業務や仮想通貨取引を含むさまざまなサービスを提供するプラットフォーム)は、2023年6月の最低価格から立ち直り、7月に入ってからCardano(ADA)、Solana(SOL)、Polygon(MATIC)をアメリカの取引所から削除する計画を立てています。しかし、これらの3つのコインは、7月になってから堅調に推移しています。

たとえば、SOLは、最低で13ドルまで下落した2023年6月の最低価格から約50%上昇しています。また、ADAは17%上昇し、MATICは過去2週間で25%上昇しています。

Cardano、Solana、Polygonの価格は安定しています

6月の急激な下落を考慮すると、これらの3つのコインの価格は比較的安定していますが、ベアリッシュな形成をしています。しかし、これらのコインは仮想通貨市場で非常に流動性が高いものです。ADAは、XRPに続く第7位に位置しており、市場キャピタルは102億ドルで、トップ10に入っています。

SOLも市場キャピタルのリーダーボードで10番目に位置し、市場キャピタルは76億ドルです。一方、MATICは安定しており、上昇トレンドにあり、最後の取引週で6.3%上昇しました。Polygonの市場キャピタルは、7月3日時点で65億ドルでした。

Revolutが削除する予定の仮想通貨は、高い流動性を持ち、現在の評価額でもBinanceやKuCoinなどの主要なグローバル取引所で取引することができます。

Revolutはメールで、アメリカの顧客に対して、これらの3つのトークンの取引を禁止し、9月18日までに資産を売却する必要があると伝えました。具体的には、Revolutはアメリカの仮想通貨に関する法律の変化を理由に、以下のように説明しています。

アメリカの仮想通貨サービスプロバイダーが、これらのトークンを削除することを決定しました。これにより、これらのトークンの購入と売却の注文を処理できなくなります。

SECはADA、SOL、MATICが未登録の証券であると主張

米国証券取引委員会(SEC)は、SOL、ADA、MATICなどのコインを未登録の証券として挙げ、国内のいくつかのプロバイダーにこれらのコインをプラットフォームから削除するよう要求しました。

Revolutもまた、Intercontinental Exchange(ICE)が設立したデジタル資産プラットフォームであるBakktの足跡を追っているようです。SECのコメントの数日後、Bakktは6月中旬にこれらの3つのコインのサポートを停止すると発表しました。

CoinbaseやBinanceを利用する中で、SECはADAを含むいくつかのコインを未登録の証券として主張し、6月上旬に急激な価格変動を引き起こしました。アメリカでは、証券と分類される仮想通貨資産は、より厳格な規制要件の対象となります。