カルダノ価格予測 – 研究開発企業のInput OutputがSECの主張に応答し、ADAが未登録の証券であると発言 – 次に何が起こるのでしょうか?

ADA、Cardanoブロックチェーンを支える暗号通貨にとって、最近数日は厳しい日々が続いています。分散型スマートコントラクト対応のレイヤー1プロトコルです。

ADAは金曜日にさらに7%近く下落して、トークン1つあたり0.30ドルに達し、3月の最低値を再テストすることを目指しています。

今週の損失は、驚くべき20%以上に達し、暗号通貨の2年以上の最悪の週を記録することになります。

そして、Cardanoの価格予測は突然より熊派になりました。

急落は、ADAが200日移動平均線の支持として機能していたものを明確に失い、$0.24のエリアにある2022年後半の最低値に向けた大きな動きの始まりであると、一部の技術者は考えています。

SECのセキュリティラベルがADAに致命的打撃を与える

今週の急落のカタリストは、米国証券取引委員会(SEC)が今週発表したBinanceとCoinbaseに対する訴訟のダブルホイッピーでした。

両暗号通貨は、米国で登録されていない証券取引所として運営されていると非難され、彼らが米国市民に提供した証券の1つがADAです。

言い換えれば、SECはADAを証券と見なし、米国でそのように規制するよう求めています。

これはADAの価格見通しにとって大惨事であり、今週の急落の原因となりました。

それは、ADAが法的に証券と見なされる場合、米国の認可された証券ディーラーのみが投資家にこの資産を提供できるということです。

ADAを引き続き提供したい仮想通貨取引所は、米国でトークンをリストするために非常に高額なコンプライアンスプロセスを経ることを余儀なくされます。

そして、CoinbaseとBinanceに対する訴訟がまだ決着していないにもかかわらず、米国で運営されている仮想通貨取引所は、ライセンスされていない証券取引所として行動している可能性があるため、ADAを提供するリストから削除することを選択するかもしれません。

ADAの流動性と需要は、世界で最も重要な市場である米国で急激に低下することが予想されます。

そして、これが価格に大きな影響を与え始めています。

研究開発企業Input Output Hong KongがSECに応答

Cardanoブロックチェーンの開発を手掛ける研究開発会社であるInput Output Hong Kong(IOHK)は、SECによるADAの証券とのラベリングに対して挑戦的な声明を発表しました。

声明によると、「提出書類には多数の事実上の不正確さが含まれており、IOGの業務には何の影響も与えません」とのことです。

「ADAは、米国の証券法において証券ではありません」とIOHKは指摘し、「分散型ブロックチェーンの動作原理を理解することは、責任ある法律の制定において基本的な要素であります」。

「執行措置による規制は、ブロックチェーン業界や消費者が享受するべき明確さや確実性を提供しない」と述べています。

また、Cardanoエコシステムの成長を支援する非営利団体であるCardano FoundationのCEOも、SECの最近の分類に対する不同意見を述べた声明を発表しました。

考慮すべきCardano(ADA)の代替案

投資家は常に暗号通貨保有を多様化するように心がける必要があります。

いくつかの投資家が検討すべき高リスク高リターンの投資戦略の1つは、クリプトプリセールに参加することです。

ここでは、新興の暗号通貨プロジェクトのトークンを購入して開発資金を支援する投資家がいます。

これらのトークンはほとんど常に非常に安く販売され、プリセール投資家に巨大な指数的利益をもたらす長い歴史があります。

これらのプロジェクトの多くには、素晴らしいチームと革新的な暗号通貨アプリケーション/プラットフォームを提供する素晴らしいビジョンがあります。

投資家がそのようなプロジェクトを特定できれば、プリセール投資のリスク/リワードは非常に良いです。

Kocooのチームは、プリセールプロジェクトを調査するために多くの時間を費やして、投資家を支援しています。

以下は、同プロジェクトが最高のクリプトプリセール15選と考えるもののリストです。

免責事項:「Industry Talk」は、暗号通貨業界のプレイヤーによる洞察を掲載しており、Kocoo.comの編集コンテンツの一部ではありません。