カナダの議員が国家的なブロックチェーン戦略の策定を要求

カナダは、国家的なブロックチェーン戦略を策定するよう政府に要請する影響力のある議員グループによって、ブロックチェーンの採用に向けて大きな一歩を踏み出す準備が整っているようです。

アメリカと同様に、カナダも仮想通貨・ブロックチェーン市場において規制上の明確さを欠いており、これが国を不利な立場に置いています。

世界各地のいくつかの地域は、仮想通貨の拠点となり新興金融技術を採用しようとしています。彼らは仮想通貨業界や仮想通貨を使用または関与する企業にとって有利な法律を制定し、規則を導入しています。

一方で、西側諸国は同様の行動を躊躇しており、これにより地元の企業が去り、新興企業が西洋諸国を考慮しない状況が生まれています。

アメリカのSECは、近い将来仮想通貨に関する政策を変更する意思表示をしていませんが、カナダの議員たちは政府に行動を起こすよう要求し始めました。

これに関して最初の提案は、地元の衆議院産業技術常任委員会の報告書でなされました。この委員会は、ブロックチェーン技術をカナダの新興産業として認識するよう政府に呼びかけました。

報告書は、ブロックチェーンが長期的な経済成長と雇用創出の機会を持つと主張しています。

報告書には16の推奨事項があり、政府が国際協力の機会を追求し、ブロックチェーンの規制と政策を作成するよう推奨しています。

報告書は特に主要な貿易パートナーを含めるよう要求しています。

イノベーションを妨げずに業界を規制しなければならないカナダ

委員会は、カナダとブロックチェーン技術に関する調査の過程で合計5回の会議が行われたと述べました。委員会は31人の証人と対話し、計6つの要旨を受け取りました。

報告書は、多くの証人がカナダの強力な規制保障を強調したと述べています。カナダには州の証券規制と連邦のAML(マネーロンダリング防止)および反テロ資金供与義務があります。

証人は、政府が急速に進化しているこの分野を適切に理解するためにブロックチェーン業界と連携する必要があると指摘しました。

そうすれば、消費者を適切に保護しつつイノベーションを妨げることなく規制を制定することができるでしょう。これはブロックチェーンの有用性が国と市民にとって重要です。

Coinbaseはカナダの仮想通貨監視手法を称賛

仮想通貨とブロックチェーン業界は絶えず進化と革新を続けており、過去数年間で新しいトレンド、製品、またはサービスが出現しています。ブロックチェーンも常に新しい産業に参入し、改善を導入しています。

今までカナダのデジタル資産規制は非常に厳格であった。実際、昨年のFTX取引所の崩壊や関連する多くの企業の後、特に仮想通貨取引所に関する規則が厳しくなると予想されています。

この手法は、Coinbaseが米国の規制当局との法的闘争に巻き込まれた中で、同国の監督手法を賞賛する結果となりました。

  • 画期的な報告書:カナダの議員が包括的なブロックチェーン戦略を提唱
  • Binance、取引所に制限を導入する新たなガイダンスに続いてカナダから撤退
  • BybitがBinanceに続いてカナダの仮想通貨市場から撤退 – 現状はどうなっているのか?