カナダの委員会が、ブロックチェーンと暗号通貨を支援するための措置を提案しています

カナダの下院議員は、産業とテクノロジー委員会(INDU)が公開した報告書で、ブロックチェーン技術と仮想通貨を支持する姿勢を示しました。

この報告書は、16の異なる提案から成り立っており、ブロックチェーン技術の様々な分野での利点と可能性を強調しています。INDUの審議の結果、委員会は報告書に含まれる提案を下院および政府の検討のために行いました。

報告書では、カナダ政府に対して、ブロックチェーンを長期的な経済的および雇用創出の機会を持つ新興産業と認識するよう勧告しています。個人の自己保持権を保護することを優先し、デジタル資産への安全かつ信頼性のあるアクセスを促進することを推奨しています。

INDUは、政府が仮想通貨の規制措置を推進したのと同様に、政府が専門家、起業家、学者、投資家、人工知能(AI)産業を巻き込んだ国家ブロックチェーン戦略の構築を提案しています。報告書では、情報交換と監視のためのプラットフォームの設立、変革の有望な領域の分析、政府に対する有望な取り組みの助言、実施の支援を戦略の目標として示しています。

報告書では、政府がブロックチェーンに関する規制と政策の開発において国際的な協力を求め、分散台帳を使用した革新的なパイロットプロジェクトを実施し、ステーブルコインに対して独自の規制アプローチを採用し、連邦規制された仮想通貨保管業者の設立を促進し、ブロックチェーン企業への銀行および保険サービスの提供を行うことを提案しています。

報告書では、暗号通貨に関連するリスクと規制されたカナダの機関を通じて暗号通貨市場にアクセスする利点について、一般市民に対して啓発キャンペーンを展開する必要があると述べています。

関連記事: 仮想通貨企業が「架空の」規制スタンプを謳う、カナダの規制当局が警告

ブロックチェーン技術が主流となるために、委員会は政府に対して、サプライチェーンにおけるブロックチェーン技術の採用を促進する方法を調査し、技術の選挙、協議、民主制機関の近代化における利点を研究するよう奨励しています。

最近、財務省は仮想通貨のマイニングおよび報酬に対する消費税法の立法改正案を提案しました。INDUの提案では、マイニング活動に対する消費税法の適用における州間の公平性について調査すべきであり、デジタル資産のマイニングは競争力のある産業であると主張しています。

関連記事: 仮想通貨課税のベストとワーストの国々 – さらに仮想通貨に関する税金のヒント