「FCAの新しい規制に対応するため、Bybitは英国での事業を一時停止します」

Bybit temporarily suspends operations in the UK to comply with the new FCA regulations.

仰天の展開として、暗号通貨取引所Bybitはイギリスでの運営を一時停止すると発表しました。この動きは、同社が国内での運営を継続するためのすべての可能性を探る意欲を表明したわずか1週間後のことです。

Bybit取引所の積極的なFCAへの対応

同社はこれらの変更についてタイムラインを示し、顧客に明確さを提供しています。2021年10月1日以降、新規顧客はプラットフォーム上でアカウントを開設することができなくなり、既存顧客も2021年10月8日までに資金を追加したり、新しい契約を作成したり、ポジションを増やすことができないなど、取引所上での活動にさらなる制限がかかります。

ただし、Bybitの既存顧客は制限が発効した後も一部の選択肢を持ちます。彼らはポジションを減らしたり解消したりすることができ、既存の保有資産を管理することができます。

さらに、これらの措置によって影響を受けるイギリスの顧客は、Bybitから2024年1月8日8時(UTC)までに行動を起こすよう強く勧められています。この期限を過ぎると、残っているポジションは清算対象となりますが、清算された資金は引き出すことができます。

10月8日の日付は、Bybitがイギリスでの運営を一時停止する決定をする上で特に重要です。これは、暗号通貨業界で活動する企業が、広告とプロモーションに関するイギリスの規制に準拠する必要がある日付です。

これらの規制により、暗号通貨企業は国の市場監督機関である金融行動監視機構(FCA)に登録する必要があり、サービスに関連する広告やコミュニケーションを承認する必要があります。残念ながら、BybitはFCAの暗号通貨登録にはリストされていないため、10月8日以降にイギリスでの広告とプロモーション活動を続ける資格がありません。

この決定は、会社の進化する規制に対する遵守と透明性を維持するためのものです。Bybitはイギリスでのサービスを一時停止することにより、規制違反やそれに関連する結果を回避することを目指しています。

Bybitは他の暗号通貨企業に先駆けます

Bybitがイギリスでの運営を一時停止するという最近の決定は、暗号通貨業界内での孤立した出来事ではありません。他のいくつかの有名な暗号通貨企業も、新しい規制変更やイギリスのデジタル資産規制の進化する風景に対応して同様の措置を取っています。

先月、世界最大の決済会社であり、暗号通貨業界の主要なプレーヤーであるPayPal Holdings Inc(NASDAQ: PYPL)は、来年までイギリスでの暗号通貨サービスを一時停止すると発表しました。

同様に、Digital Currency Group(DCG)が所有する暗号通貨取引所のLunoも、変化する規制環境に対応するための措置を取っています。同取引所はイギリスの一部のクライアントに対して、取引所を通じたさらなる投資を制限することを決定しました。