「ビジネス旅行者がデジタル元でチケットを購入- 中国のCBDCが空に上がる」

Business travelers buying tickets digitally - China's CBDC is taking off.

出典:Alexey Novikov/Adobe

中国の出張者はデジタル元を使用して航空券を購入することができるようになりました。国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)のパイロットが始動します。

中国民航ネットワークによると、商業銀行の中国招商銀行は民航清算センターと共同でe-CNYプラットフォームを開始しました。

このプラットフォームでは、企業や起業家が「デジタル[元]」を使用して「ビジネス航空券」の支払いを行うことができます。

また、ビジネスパスセンジャーはプラットフォームを介して「新しいサービス」の支払いにもトークンを使用することができます。

旅行会社の蘇州中国旅行社は、このプラットフォームを利用してクライアントのためにチケットを購入しました。

このプラットフォームの公式の開始式が今週行われました。

民航総局と中国招商銀行は、「より多くのビジネス旅行者により効率的で高品質なサービスを提供し続ける」と発表しました。

そして、デジタル元の応用を民間航空産業の他の分野で「共同で探索する」と約束しました。

中国のCBDC – 通貨は飛び立っているのか?

中国の人民銀行(PBoC)は、デジタル元の使用を国内の交通ネットワークで拡大することを熱望しています。

2022年、首都の北京大興国際空港と北京首都国際空港は、貨物に関連したデジタル元を活用したイニシアチブに取り組んでいることを発表しました。

北京首都国際空港(出典:Tyg728/[CC BY-SA-4.0])

パイロットゾーンの一部の空港では、乗り継ぎの旅行者もe-CNYを使用して商品やサービスの支払いができるようになっています。

パイロットゾーン内の鉄道網、ライトレール、およびメトロシステムは、電源やネットワークのないデジタル元の支払いを受け入れるためにアップグレードされています。

パイロットゾーン内のバス路線もCBDCでの支払いを受け入れるようになりました。

今年の初め、パイロットゾーン周辺のいくつかの高速道路の料金所でもデジタル元の支払いが受け付けられるようになりました。

今週、深圳市は住民がこれまでに約3600万のデジタル元ウォレットを開設したと発表しました。そのうち700万以上は年初から開設されました。

そして、常州市は中国の地域が採用を促進しようとする中、700,000ドルのCBDCトークンとクーポンのプレゼントを発表しました。