BUSDはステーブルコインの中で4位に落ちました

コインマーケットキャップのデータによると、ドルペッグのBinance USD(BUSD)ステーブルコインは、過去30日間に10億ドル以上減少した後、他のステーブルコインの中で市場価値で4番目に位置しています。

執筆時点で、BUSDの市場価値は43億ドルで、5月18日の54億ドルから29%減少しています。ステーブルコインは、昨年12月以来下降傾向にあり、その時点で市場価値が230億ドルを超えました。

BUSDの市場価値の減少は、FTXの激しい崩壊に続いて、Binanceに関する重要な進展と並行しています。昨年12月、米国司法省がBinanceを標的にすると報じられたレポートが出たことで、7日間で36億ドルの純引き出しがありました。市場メーカーから大量のBUSDの引き換えがあり、Jump Financeから2億4500万ドル以上が引き換えられました。

BinanceとPaxos Trustのパートナーシップによって、BUSDステーブルコインは2019年9月に作成されました。Paxosは製品を発行・所有しており、Binanceはブランドをライセンスしています。このパートナーシップにより、Paxosは新しい課題に直面しました。2月には、米国証券取引委員会からBinance USDが登録されていない証券であるという疑いのWells Noticeを受けたと報じられました。

関連記事:ステーブルコイン101-暗号ステーブルコインとは何ですか?そして、どのように動作しますか?

この調査により、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、Paxosに対してBUSDの発行を停止するよう命じました。これらのエピソードにより、BUSDの市場シェアは、2月12日の158.8億ドルから3月13日の83.8億ドルに大きく減少しました。

最近の打撃は、6月5日にBinanceに対する米国証券取引委員会の訴訟によるもので、未登録の証券の提供を行ったとされています。米国の規制当局は、BNBトークンとBUSDトークンの未登録のオファーや販売などの13件の訴因を申し立てました。

米ドルにペッグされたステーブルコインの市場支配率は、過去1年間でいくつかの変化があり、Tether(USDT)は過去最高値に戻り、ほとんどのステーブルコインが減少しています。

CircleのUSD Coin(USDC)は、2022年5月の34.88%から2023年5月の23.05%に市場シェアが減少しました。同じ期間に、BUSDの市場参加率は11.68%から4.18%に急落し、Dai(DAI)のシェアは2022年5月の4.05%から3.66%になりました。

一方、TetherのUSDTは勢いを増しています。ステーブルコインの市場支配率は、5月に65.89%に上昇し、1年前の47.04%から増加しています。市場価値は831億ドルに上昇し、USDCの市場価値は550億ドルのピークから29億ドルに減少しました。

マガジン:暗号通貨規制-SEC議長ゲンスラー氏が最終的な決定権を持つのか?