「ブサンは、『ブロックチェーン都市』となるために、Ethereum互換のメインネットを開発しています」

Busan is developing an Ethereum-compatible mainnet to become a 'blockchain city'.

韓国第2の都市である釜山は、EthereumやCosmosなどの主要なブロックチェーンプラットフォームと互換性のある公共ブロックチェーンネットワークを開発しています。その目的は、さまざまなブロックチェーンメインネットのブロックチェーンベースのサービスを都市レベルで一つのプラットフォームに統合し、釜山をブロックチェーン都市に発展させることです。

釜山市は、ブロックチェーンイノベーション基金(BIF)の下で、グローバルスタンダードに対応したオープンなブロックチェーン開発に1000億ウォン(約7500万ドル)の予算を割り当てました。これらの資金は、釜山の公的金融機関からの投資によって調達され、約100の民間企業が関心を示しています。BIFは、釜山のブロックチェーン産業およびインフラ構築の発展を支援する民間基金であり、釜山の金融機関と公的機関が主導しています。

公共ブロックチェーンの開発は、釜山デジタル資産交換所設立促進計画および将来スケジュール計画の下で行われており、釜山をブロックチェーン都市にすることに焦点を当てています。

釜山ブロックチェーン都市開発計画。出典:News1

公式発表によると、釜山市は貿易自由区域でブロックチェーン技術のさまざまなユースケースを積極的にテストしてきましたが、これらのプロジェクトのほとんどは異なるブロックチェーン上で実施され、企業にとっては「不快な」経験となっていました。これが市政府がEthereumなどのグローバルブロックチェーンネットワークと互換性のある都市レベルの公共ブロックチェーンに焦点を当てる主な理由の一つです。

関連記事:米議会の仮想通貨税金ガイダンス要請にCoin Centerが回答

釜山市はまた、韓国インターネットセキュリティ機構によるブロックチェーントラストフレームワーク技術標準の策定プロセスにも参加しています。

このプロジェクトは、ブロックチェーン技術システム、パフォーマンス、セキュリティレベルなどの要件を提示することで、民間サービスの品質向上とサービス間の相互接続を促進することを目指しています。この標準は、釜山市内での公共サービスにも活用されます。

長期的なブロックチェーンの開発計画には、2024年上半期に釜山デジタル資産交換所の開発も含まれています。デジタル交換所はデジタルアセットだけでなく、金や銅、石油などのトークン化された証券も上場する予定です。将来的には、プロジェクトの背後にある行政当局は、グローバルな知的財産権や炭素排出権をトークン化して取引することを目指しています。

関連記事:雑誌:NSAがビットコインを作成したか?