上昇シグナル:ビットコインの実現利益と損失が2020年10月のレベルまで減少

ビットコイン価格が引き続き苦戦している中、現在の熊市トレンドが一時的である可能性を示唆する指標がいくつか現れ始めています。BTCの実現利益と損失レベルは過去6か月間に続けて低下し、現在、別の上昇相場の開始を示唆するレベルに達しています。

ビットコインの実現利益と損失が2年ぶりの低水準

オンチェーン・アグリゲーターのGlassnodeによるデータによると、ビットコイン保有者の実現利益と損失は減少傾向にあります。この実現利益と損失の減少は、2023年の価格変動に続いており、価格が$26,000のレベルで苦戦している間に、実現利益と損失率は2020年10月の水準まで低下しました。

現在、実現利益と損失レベルは、市場での利益確定と損失確定の発生量を示すため重要です。投資家がBTCを購入した価格よりも高い価格で売却している場合は利益確定、低い価格で売却している場合は損失確定が発生します。これらの両方の低下は、現在市場で売却が少なくなっていることを示します。

BTC realized profit and loss drops to 2020 levels | Source: Glassnode

これは、ビットコイン価格にとってはブルッシュなことであり、売り圧力が減少し、BTCの価格が反発する余地が生まれることを意味します。また、投資家が売却する代わりに保有することを選択したため、市場での利用可能なBTC供給量が減少することを意味し、需要の成長余地が生まれ、デジタルアセットの価格のさらなる上昇につながる可能性があります。

もう一つのBTCブルランの始まり?

実現利益と損失レベルがこのように低下したのは、2020年10月のブルマーケットの始まり以来です。それは、約数か月間でBTCが約$11,000から$30,000以上に急騰した新年までほぼノンストップの上昇でした。

BTC price recovers above $26,700 | Source: BTCUSD on TradingView.com

このシナリオが再び繰り返される場合、ブルがこの上昇相場を維持することができれば、BTCの価格は1か月で$40,000まで上昇する可能性があります。これは、熊市トレンドが終わりに達した可能性を示し、デジタルアセットに対するよりブルッシュなシナリオを示しています。

2020年10月の上昇相場と同様の上昇は、次の数か月で200%上昇し、現在のレベルから200%の増加はBTCが$60,000を超えるピークに達することを意味します。

それにもかかわらず、BTCは月曜日に$27,000の抵抗帯で拒否されたため、ブルとベアが引き続き戦っています。ただ、デジタルアセットは青字で推移しており、筆者執筆時点で24時間以内に1.46%上昇し、$26,765で取引されています。