BTC価格指標は、Bitcoinの投機家が33,000ドルを超えて売却する可能性があることを警告しています

仮想通貨のビットコイン(BTC)が33,000ドルを大幅に超える場合、調査によると「市場の訂正」が必要になるかもしれないとの警告が出ています。

アナリティクス企業のGlassnodeが最新の週報「The Week On-Chain」で、先行きにある投機的な売却リスクを指摘しました。

ビットコイン投機家の利益率は平均12%

今年、より投機的なBTC投資家であるビットコイン短期ホルダー(STH)が再び注目されています。

最近、彼らの集約コストベースが26,000ドル近くの広いBTC価格サポートを形成したように見えました。Glassnodeは、最近の数週間でコストベースの重要性を観察したため、逆効果がすぐに現れる可能性があると考えています。

短期ホルダー(STH)活動と長期ホルダー(LTH)活動の一環として、研究者らは投機家が大量に利益を得るべきレベルを強調しました。

彼らは、コインのスポット価格と最後に動いた価格との比率である市場価値から実現価値(MVRV)指標を使用しました。利益または損失の測定値となる結果の数字は、1周辺で変動し、それは「損益分岐」価格に対応します。

「The Week On-Chain」は、「短期ホルダーMVRVインジケーターでも強い反応が見られ、MVRV = 1の損益分岐レベルから強く反応している」と説明しています。

「この比率は現在1.12であり、短期ホルダーコホートが平均12%の利益を得ていることを示唆しています。」

BTC価格が上昇し続ける場合、STH-MVRVも上昇し、1.2を超えると、利益確定の危険性が実際に発生する可能性があります。

Glassnodeは、「この指標が1.2(~33,200ドル)から1.4(~38,700ドル)のレベルを超えると、投資家がますます大きな未実現の利益を得るため、市場訂正のリスクが高まる傾向がある」と付け加えました。

$25,000は「売り手の疲弊」を表します

さらに、最近の25000ドル近辺の安値が売却を見込む人々を追い出したことを示すデータがあります。

関連記事:BTC価格は上昇し、基本的なファンダメンタルズは下落?ビットコインで知っておくべき5つのこと

送金先アウトプット利益率(SOPR)は、チェーン上で動くBTCの相対的な収益性を見る指標で、Glassnodeが「疲労感」と呼ぶものを、そのレベルで売り手の間で繰り返し示しています。

FTX取引所の問題の後、ビットコインの現在のマルチイヤーロウに続いて、疲労感のレベルは2022年末以降上昇しています。

「過去数週間、私たちは、最後に30,000ドル以上に回復する前の最終的な低水準を含む下限以下で、スポット売り手の疲労感が複数回発生していると特定できます」とGlassnodeは、相関するチャートと一緒にまとめました。

マガジン:Gary Gensler氏の仕事の危機、BlackRockの最初の現物ビットコインETFなどのニュース:Hodler’s Digest、6月11日〜17日