ブライアン・アームストロングがたくさんの古いツイートを削除するが、仮想通貨のTwitterコミュニティがそれを回収する

Brian Armstrongが古いツイートを削除しましたが、仮想通貨のTwitterコミュニティがそれを回収しました

コインベースのCEO、ブライアン・アームストロングは最近、ソーシャルメディアアプリのTwitterで過去のツイートを大量に削除しました。同時に、信頼されているインターネットアーカイブのThe WayBack Machineも、アームストロングのツイートのすべての証拠をアーカイブから削除しました。

これらの動きにより、多くの人々がその決定にさまざまな意味を読み取り続ける一方で、暗号コミュニティ内で懸念が高まっています。

このため、プロビットコインツイッタラーである@Pledditorをリーダーとするコミュニティは、削除されたツイートを回復するためのハントを開始しました。

@Pledditorによれば、このハントでは、ブライアンの古いツイートへのリンクを代替のアーカイブサービスを通じて見つけます。そして、これらのツイートは2015年から2018年の間になるでしょうが、「検証可能なアーカイブリンクを持つツイート」に焦点を当てた新しいアーカイブになると彼は述べています。

ブライアン・アームストロングが古いツイートを削除した理由はなぜですか?

一方、アームストロングが古いツイートを削除した理由はまだ明確ではありません。ただし、一部の人々は、この決定が現在コインベースが直面している規制当局の監視の結果である可能性があると考えています。それは米国証券取引委員会(SEC)によるものです。そして、アームストロングの意図は今や疑わしいものになるかもしれません。

さらに、これまでに回復されたツイートは、さまざまなトピックに関するものです。これらのトピックは、コインベースについての普通の日常のアップデートから、その将来と暗号通貨全般に関するより物議を醸す意見まで幅広いです。

たとえば、回復されたツイートの一つでは、アームストロングは営利目的のビットコインフォークを示唆しました。別の時には、コインベースがイーサリアムを上場した後に4%の価格上昇があると述べました。

一方、暗号通貨のCEOがソーシャルメディア上で過去の発言について自信を失うことは、アームストロングだけに限ったことではありません。

2022年11月には、デジタルアセット情報プラットフォームのThe Tieが、元FTXの最高経営責任者であるサム・バンクマン・フリード(SBF)が削除したすべてのツイートのリストをまとめました。

最近では、ジャスティン・サンの取引所ポロニエックスも、『SECに焦点を当てたトークン』のプレゼントに関連するいくつかのツイートを削除していることが判明しました。これに対して、暗号コミュニティは懸念を抱き批判しました。

現時点では、このテック界の大物は削除の暴走の理由について公にコメントしていません。ただし、彼の古いツイートの回復は継続中です。