「BRC-20トークンは、ビットコインの購入者に新たな機会を提供しています」

「BRC-20トークンにより、ビットコインの購入者に新たな投資機会がもたらされます」

ビットコイン(BTC)は最初のブロックチェーンと仮想通貨であり、それ以降のすべてに道を開いた: 非代替性トークン(NFT)、スマートコントラクト、トークン化、レイヤー2のソリューションなど。ビットコインの価値が暗号通貨界に与える影響から、市場の基盤を支える岩盤の役割を果たしているため、プロトコルはめったに変更されません。数百億ドルと分散型ネットワークへのグローバルな信頼がかかっているため、干渉する理由はありません。

ビットコインのコードベースの硬直化により、安定性と信頼性がもたらされましたが、ビットコインはちょっと…つまらなくなってしまいました。かつてビットコインのエコシステムは革新と活動の中心であり、活気に満ちた場でしたが、その勢いは第2世代や第3世代のチェーンに移っており、彼らのアーキテクチャは複数のユースケースやアプリケーションをサポートするためにより適しています。少なくとも、それはOrdinalsの登場までのことでした。Ordinalsは、ビットコイン上で新しいイノベーションの波を引き起こしているテクノロジーです。

2023年を通じて、ビットコインのエコシステムは急速に発展しました。Ordinals NFTやBRC-20トークンなどの新興資産タイプは、コミュニティの熱意をかき立て、BTCマイナーの収益の大幅な増加をもたらしました。

関連記事:ビットコインの半減期後にいくつかの仮想通貨企業が失敗することを予想する

今や、ビットコインブロックチェーンにおいてそのセキュリティ自体が担保されたプロジェクトが、トークンを発行することができます。しかも、さらに良い点は、Ordinalsはビットコインのコードの一行も変更を必要としないということです。さらに、BRC-20の基準も急速に進化しており、将来的にはBTCエコシステム内で不可欠な新しい要素となる位置づけとなっています。

1つのコインが多くのトークンを生み出す

Ordinalsは、ビットコインブロックチェーンの上に構築されたプロトコルです。ビットコインは100万単位の「サトシ」という単位に分割されます。これらのサトシにOrdinalsを使用して固有の識別子を付け、これらのデータを添付してビットコインネットワーク上で送信することができます。Ordinalsコンセプトは、Casey Rodarmorが開発したものであり、非常に成功しています。これにより、ビットコインベースのNFTが急増しました。そして、ビットコイン上でほぼ無限の数のトークンが今や取引されることができます。

2023年12月7日現在のBRC-20市場の動向。出典:CoinGecko

最初は、Ordinalsはテック志向のビットコイン愛好家に受け入れられましたが、それらを鋳造および取引するための高いハードルに耐えることができる人々によってです。プロセスは、Taprootに対応したウォレットにサトシを送り、トランザクションにメタデータを刻印する必要があります。最初はビットコインノードの実行とコマンドラインインターフェイスに精通している必要がありましたが、コードフリーのソリューションが後に登場し、特にEthereumコミュニティの利益のためにOrdinalsを一般化させる役割を果たしました。

NFTはOrdinalsプロトコルの最初のユースケースでしたが、同じ技術はERC-20トークンと似たような特性を持つ、交換可能なトークンの発行にも使用することができます。実際、これらのビットコインネイティブ資産のために浮島したトークン規格は、BRC-20と呼ばれています。

既に、ビットコインベースのトークンを持つBRC-20プロジェクトが登場しており、ビットコインとオーディナルに固まる新興のトークン化エコシステムが形成されています。これらのトークンのいくつかは市場の想像力をかきたて、トップティアの取引所に上場し、その過程でBRC-20の普及を広めています。

サトシからSATSへ

オーディナルとビットコインを中心に形成された多くのコミュニティは、まずは楽しみを重視しています。ゲーム、コレクション、投機、交流、企業や機関の使用など真面目な事柄よりも前に、社交活動や相互作用に重きを置いています。$SATSはそのまさに典型です。ビットコイン独自のMEMECOINであり、自然にBRC-20トークンですが、さらにもっと多くの特徴を持っています。

2022年12月14日から2023年2月24日までの日別のオーディナルの型によるインスクリプション。出典: Chainlink

総供給量は2,100,000,000,000,000であり、そのため$SATSは文字通りビットコインの供給量を100億倍したものです。言い換えれば、サトシごとにSATSが存在します。このようなプロジェクトが世界を変えるわけではないかもしれませんが、ビットコインを再び楽しくし、その過程でビットコインのアーキテクチャに取り込まれた重要な特徴を新参者に教えています。

他のBRC-20トークンも、そうでないBRC-20の普及を支えながら市場シェアを確保しています。すべてのBRC-20トークンの時価総額は$10億以上(2023年12月7日時点)で、そのうちの大部分はORDIによるものです。つまり、まだ成長余地は十分にあるということを示しています。

Taprootによってトークン作成が可能に

ビットコインネットワーク上でトークンを発行するアイデアは、ビットコインのホワイトペーパーには見当たりません。そのユースケースは2008年には想定されていませんでしたし、当時は実現することもできませんでした。実際、ビットコインネットワークにおいてトークンを発行することが可能になったのは、2021年11月にビットコインネットワークで実施されたTaprootのアップグレードを待つ必要がありました。オーディナルはそれから3ヶ月後に登場し、それに続いてさまざまなBRC-20トークンプロジェクトが生まれました。

Taprootはデータをブロックスペースに追加することを可能にし、ビットコイン上でトークンを作成する手段を提供します。1つのサトシが作成され、交換可能なトークンの全体の情報が添付されます。トークンの名前、ティッカー、供給量などの要素を追加するためにJSONデータが使用されます。ERC-20と同じ名前の構造になっていることは驚くべきことではありませんが、BRC-20トークンは非常に異なる仕組みで動作していることは明らかです。これは、本来トークンをサポートするために設計されていないネットワークへの回避策として機能するためです。

関連記事: 次のブルマーケットでイーサリアムとビットコインを推進する3つのテーゼ

アーキテクチャが非伝統的であるかもしれませんが、最終的な結果は同じです。イーサリアムのERC-20トークンスタンダードが公開された後、共有トークンと共有の利益に基づくコミュニティが形成され、同様のことがビットコインでも起こっています。BRC-20はすべてのビットコインユーザーに愛されているわけではないことに注意すべきです。トークンが占有するブロックスペースに異議を唱え、手数料が急増する可能性があるためです。また、純粋なBTC以外に興味を持たない人もいます。

未来を見据えて

イーサリアムが公開されたとき、豊かで多様なトークンベースのプロジェクトのエコシステムをサポートする能力がありました。それは最終的に実現されたものですが、コミュニティの形成やツールの開発には時間がかかりました。ビットコインとBRC-20は現在、イーサリアムが2017年にあった場所に位置しています: まだ実現されていない潜在能力で満たされています。

Bitcoinのトークン化とEVMチェーンへのキーインフラストラクチャの接続が進行中であり、最新のプロジェクトであるMultiBitがここで前進を果たしています。BRC-20とERC-20のトランスファーのための双方向ブリッジを立ち上げました。今から12か月後、BRC-20の景観はどのようになるのでしょうか。そして、早期に参入した勇敢な人々にどのような機会をもたらすのでしょうか。ERC-20トークンとICOの急増により、Ether(ETH)の価格は1年で30倍になりました。現在の市場のダイナミクスは異なるものの、BitcoinがEthereumの成功を複製する可能性は引き続き期待されます。

Ethereumの停滞とBitcoinマキシマリストに完全には収まらないサポーターの成長する一団にとって、OrdinalとBRC-20トークンは再び暗号通貨を楽しいものにしました。彼らにとって、この運動はBitcoinの実験的で創造的なルーツへの回帰を表しています。その過程で少しのお金を稼ぎながら、Bitcoinの理解を深め、ミームを広めるチャンスがあれば、なおさら良いでしょう。