ブラジルの立法者たちは、仮想通貨の詐欺に照準を合わせ、バイナンス、ビットソー、OKXからの証言を求めています

ブラジルの議員は、主要な暗号通貨取引所のトップを議会に召喚しました。ビナンス、Bitso、OKXの代表者が出席する予定です。

ブラジルのメディアであるLivecoinsによると、「暗号通貨ベースの金融ピラミッドスキーム」に関する特別な議会委員会(CPI)は、議員からの質問に答えるために議会に召喚される38人のリストを承認しました。

暗号通貨のピラミッド組織の主催者のほか、リストには暗号通貨の分野の「証人」と「専門家」も含まれています。

議員たちは、暗号通貨や暗号通貨をテーマにしたピラミッドがどのように機能するのかをより良く理解し、暗号通貨取引所がその点で役立つと考えています。

議会に召喚された「専門家」の中には、ビナンスのブラジル担当責任者であるGuilherme Haddad Nazarも含まれています。

Bitsoを含む他の取引所も出席を求められました。さらに、KuCoin、OKX、Coinbase、Liqi Digital Assets、Bitgetも出席を求められました。

Bitsoはラテンアメリカ最大の暗号通貨取引プラットフォームの1つです。

現在、国の中央銀行と後者のデジタルレアルプロジェクトで協力しているFoxbitも出席を求められました。

しかし、注目はブラジルで疑われている「いくつかの最大の」暗号通貨「ピラミッドと詐欺の主催者」に当たるかもしれません。

これには、GAS Consultoria、Atlas Quantum、Indealが含まれます。

後者は、今年2月に破産を宣言する前に、投資家から1億9300万ドルを集めたとされています。

他の著名な暗号通貨支持者や専門家も招待されています。

これには、「ビットコイン:デジタル時代の通貨」という本の著者であるFernando Ulrichも含まれています。この本はブラジルで最初の暗号通貨関連出版物の一つであり、一般的な成功を収めました。

BTCのブルであるThiago Nigro、またはPrimo Ricoも「市場の動きを説明する」ために招待されました。

Nigroの企業であるRico Investimentosは、国内のビットコイン市場で活動的な存在です。

ブラジル議会に出席を求められた暗号通貨取引所:CPIの次のステップは何ですか?

CPIは先月末、大手テック企業や主要な国内メディアの出席を求める議員からの要請を受けました。

一部の議員は、ソーシャルメディアプラットフォーム、メディアウェブサイト、テレビ局が暗号通貨詐欺の増加に対して十分な対策を取っていないと感じています。

彼らは、一部のメディアが暗号通貨詐欺の広告を放送および掲載していると考え、メディアのトップに行動を求めています。

彼らはまた、詐欺師がソーシャルメディアプラットフォームで簡単にプロジェクトを宣伝していると考えています。

議員たちは、Instagram、Facebook、Whatsappの運営会社であるMetaの地域責任者、Google、Telegram、TikTok、Twitterのトップと話をしたいと述べました。

彼らはまた、国内で最も読まれている新聞を発行しているGrupo Globoや、国内最大の放送ネットワークであるGrupo Bandeirantes de Comunicaçãoのトップと話をしたいと述べました。

しかし、これまでのところ、議員たちはCPIを説得してITおよびメディアのリーダーを召喚することに失敗しました。すべての「要求」は当面「延期」されています。