「2023年、ブラジルでのUSDTの採用が急増し、すべての暗号通貨取引の80%を占める」

『2023年、ブラジルでのUSDTの普及が急速に進み、すべての暗号通貨取引の80%を占める』

ステーブルコインのテザー(USDT)は、ブラジルでの採用が急速に増加し、国内のすべての暗号通貨取引の80%を占めていると、ブラジルの税務庁のデータによると説明されています。

この年の中旬までに、ブラジルでのUSDTの取引は2710億レアル(約550億ドル)に達し、その額は国内のビットコイン(BTC)取引の約2倍でした。ステーブルコインは価値が安定している暗号通貨で、多くは米ドルやブラジルレアルなどの法定通貨と連動しています。

ブラジルでのUSDT取引は2021年以降増加しており、2022年7月には初めてビットコイン取引を上回りました。この時期は、仮想通貨貸付業者であるThree Arrows CapitalとVoyager Capitalの崩壊が起こった年のクリプト業界の盛り上がりの頂点でもありました。

ブラジルレアルによる上位6つの暗号通貨の取引高。 出典:レシータ・フェデラル

税務庁は、人工知能とネットワーク分析に依存する高度なシステムを使用して、市民の暗号通貨関連の活動を追跡しています。ブログ投稿によれば、このシステムは不審な活動を検出し、暗号通貨取引を行う個人の位置を特定することができます。

税務庁はまた、国民が海外に持つ暗号通貨投資にも目を向けています。10月25日、地元の議会は、外国投資における暗号通貨を「財務資産」として認識する法律を可決しました。2024年1月から、海外での収益が6,000レアル(約10,000ドル)から50,000レアルの範囲では15%の税率が適用されます。この範囲を超える場合には、税金は22.5%となります。

ブラジルで運営されている仮想通貨取引所には、Coinbase、Binance、Bitso、Crypto.comなどのグローバルな仮想通貨取引所が地元の主要プレーヤーであるMercado BitcoinやFoxbitと共存しています。

記事:イーサリアムの再ステーキング-ブロックチェーンのイノベーションまたは危険なカードの家?