「BraveはElectric CoinとFilecoinと提携し、Web3のプライバシーを進めます」

Brave partners with Electric Coin and Filecoin to advance privacy in Web3.

  • ブレイブ(Brave)ブラウザに新たなプライバシー機能をもたらすことを目指したパートナーシップが、Zcash(ZEC)の開発元であるElectric Coin Company(ECC)とFilecoin Foundationによって発表されました。
  • 両社は、ZcashプロトコルのシールドトランザクションとFilecoinのInterPlanetary File System(IPFS)を活用する予定です。

ブレイブ・ソフトウェア社、Electric Coin Co.(ECC)、およびFilecoin Foundationは、9月22日金曜日のMessari Mainnetで新しいパートナーシップを発表しました。

ブレイブのチーム、Zcash(ZEC)の開発グループ、およびFilecoin(FIL)の非営利団体は、この取り組みに協力して、新しいプライバシー機能をWeb3経由でブレイブ・ブラウザにもたらすことを目指すと述べました。Zcashは暗号通貨市場でトップのプライバシーコインの一つです。

両社によれば、革新的なプライバシーに焦点を当てた機能は、ブレイブの統合されたWeb3ウォレットでも利用できるようになります。

ブレイブ・ブラウザの新しいプライバシー機能

ブレイブはプライバシー志向のブラウザであり、ユーザーにプライバシーを尊重した広告を受け入れることでBasic Attention Token(BAT)を報酬として提供しています。ユーザーはこの機能にオプトインする必要があります。このパートナーシップにより、プライバシー機能はすべてのトランザクションに拡張される予定です。

具体的には、最近Zcashをより分散化し安全にする計画を強調したECCは、ブレイブと協力して、ブレイブ・ブラウザの組み込み暗号ウォレットとシールドトランザクションを統合します。これにより、ユーザーはZECや他の暗号通貨の保管、送信、受信時にプライベートなトランザクションを利用することができます。

Electric Coin Co.のCEOであるZooko Wilcox氏は、「プライバシーは当たり前になるべきだと考えており、Zcashをブレイブ・ウェブブラウザに統合することに興奮しています。ブレイブ・ブラウザは、数千万人の人々が日常のコミュニケーション、ウェブブラウジング、ショッピングなどに使用しているツールです。それによって、彼らはセキュリティと同意を尊重するお金にアクセスできます。このブレイブとFilecoin Foundationとのパートナーシップの結果として、このローンチと今後の展開に大いに興奮しています」と述べています。

プライベートな暗号通貨トランザクション以外にも、ブレイブ、ECC、およびFilecoin Foundationは分散型のメッセージングとメディア伝送機能に取り組んでいます。新しいツールは、Zcashプロトコルのプライバシー機能とFilecoinのInterPlanetary File System(IPFS)を活用し、暗号化されたコンテンツの安全な保存にIPFSを利用します。