ボーンシバスワップ(BONE)は1週間で43%急騰 – その理由はこちら

BONEは、Shiba Inuのガバナンストークンであり、過去1週間で著しい上昇を経験しました。この期間中、価格は2桁のパーセンテージで急騰しました。執筆時点では、BONEは過去24時間で0.5%の上昇を見て、1.20ドルに達しました。さらに、このトークンは過去1週間で40%以上の上昇を記録し、トップ100のトークンの中で最も成績の良いものとなりました。

この急騰は重要な意味を持ちます。なぜなら、最近の市場の売り込みにもかかわらず、BONEは上昇基調を保っているからです。最近のBONEの成長は、Shiba InuのリードデベロッパーであるShitoshi Kusamaの発言によるものと考えられます。

KusamaがShibariumの開始予定日を提供

Kusamaは、高い期待を集めるLayer-2ブロックチェーンであるShibariumの開始予定日を先週に開示しました。7月6日のブログ投稿によると、Kusamaは8月にトロントで開催予定のBlockchain Futurists ConferenceでShibariumのメインネットの開始が議論され、公開される可能性があると述べています。

関連記事:Stellar(XLM)が13%減少、ベアリッシュなセンチメントが広がる

Kusamaは、Shibariumでサポートされる複数のトークンシステムの役割をさらに定義しました。彼によれば、Shiba Inuエコシステムは4つのセクションに分けられ、それぞれのセクションがユニークなトークンを利用します。SHIBはコミュニティのガバナンスに使用され、BONEはコミュニティの技術(Shibariumのガス手数料など)をガバナンスし、サポートします。LEASHはコミュニティのセキュリティを担当し、排他性を提供し、TREATはコミュニティプロジェクトを調整し、向上させます。

この開示に続いて、BONEの価格はコミュニティからのポジティブな感情により急上昇しました。BONEはShiba Inuエコシステム内で重要なトークンであり、Shibariumのガス手数料との関係で特に重要です。

関連記事:PEPEのブル相場が力を失っている?疲労感が価格上昇を妨げるように見える

Shibariumはまた、多くの仮想通貨コミュニティの注目を集める重要な開発と見なされています。ShibariumのテストネットであるPuppyNetは、その開始以来、驚くべき活動を示しています。テストネットでは、2,750万以上のトランザクションが1,700万以上のウォレットから行われました。このような高い活動レベルは、ネットワークの潜在能力を示す重要な指標であり、BONEはその中心的な役割を果たしています。

BONEの価格予測

BONEは6月11日以降、一貫した上昇トレンドを経験しており、最低水準の0.665ドルから100%の上昇を記録しています。現在の取引では、1.35ドルの高値をつけています。このポジティブなトレンドは、今後数週間にわたって続く可能性が高く、Shibariumに展開されるさらなる進展が期待されています。

これは不可避的にBONEに波及し、メムコインが新たな抵抗レベルを突破するためのより多くの推進力を提供するでしょう。現在の抵抗レベルは1.5ドルであり、大きな修正がある場合、次のサポートレベルはそれぞれ1.30ドルと1.25ドルです。

(このサイトのコンテンツは投資アドバイスとして解釈されるべきではありません。投資にはリスクが伴います。投資する場合は、資本がリスクにさらされる可能性があります)。

注目画像:unSplashより、チャート:TradingViewおよびCoingeckoより