BOE(英国銀行)の総裁が、「強化されたデジタルマネー」を支持し、仮想通貨やステーブルコインを批判します

BOE(英国銀行)の総裁は、仮想通貨やステーブルコインを批判し、代わりに「強化されたデジタルマネー」を支持しています

アンドリュー・ベイリーは、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行(BOE)の総裁として、7月10日にスピーチを行いました。このスピーチでは、インフレの抑制と金融機関への公的信頼の維持に関する中央銀行の取り組みから、仮想通貨がお金ではない理由についてスムーズに話を進めました。仮想通貨やステーブルコインではなく、彼は「高度なデジタルマネー」を希望しています。

アメリカとスイスで今年初めに起きた一連の銀行倒産は、お金の単一性と決済の確定性の問題を明らかにしました。ベイリー氏は、仮想通貨やステーブルコインは単一性と決済の確定性という基本的なテストに合格していないと述べましたが、具体的な説明はしませんでした。「それらはお金ではありません」とベイリー氏は述べました。ただし、金融サービスおよび市場法の制定により、ステーブルコインは規制の枠組みに合わせられるでしょう。

イングランド銀行の総裁であるアンドリュー・ベイリー氏は、今年中にインフレが「顕著に」低下すると述べ、利率の上昇が経済に与える完全な影響がまだ現れていないと述べました。https://t.co/kntdoEKYPr

— Bloomberg Economics (@economics) 2023年7月10日

既に存在しているデジタルマネーは、「完全にITシステムで保持されている」とベイリー氏は述べましたが、「例えば、スマートコントラクトと呼ばれるものによる条件付きのアクションなど、実行可能なアクションを遥かに多く付加できるお金の単位」として強化することができます。

関連記事:イングランド銀行の総裁がデジタルポンドの必要性に疑問を呈する

中央銀行デジタル通貨(CBDC)も高度なデジタルマネーの一形態であるとベイリー氏は述べました。「私が考える限り、設計が優れている高度なデジタルマネーは中央銀行だけのものでなければならない理由はありません」と彼は付け加えましたが、CBDCには独自の利点があると述べました。

「小売CBDCの主な動機は、お金の単一性を促進するために、一般の人々が常に日常生活で使用できる中央銀行の完全な機能を持つお金の選択肢を持つことを確保することです。」

ベイリー氏は、卸売CBDCには異なる見解を持っています。イングランド銀行はリアルタイム総合決済(RTGS)システムを最新化しました。ベイリー氏は以下のように述べました:

「これにより、RTGSで中央銀行デジタルマネーをトークン化された取引と統合できるソリューションを提供するための非常に強力な位置に立つことができます。これが最も迅速かつ効率的な方法だと考えています。」

それは卸売CBDCを作成することなく行われるようです。ベイリー氏は、「現金は残る」とも付け加えました。

雑誌:NFTとメタバースに現行法が適用された場合の狂気の結果