BNBチェーン、7月の大規模なハードフォークでブロックチェーンの脆弱性リスクに取り組む

BNBチェーンは、7月の大規模なハードフォークで脆弱性リスクに対処します

BNBチェーンは、今月末に予定されている「ZhangHeng」のアップグレードにより、ユーザーのセキュリティ機能が大幅に向上すると、開発者は水曜日に述べました。

ネットワークセキュリティは、仮想通貨市場において常に懸念の種です。

このハードフォークは、2023年7月19日の6:00 UTCに予定されています。ハードフォークとは、ソフトウェアのアップグレードによってネットワークの動作方法が永久的に変更されることを指します。このアップグレードでは新しいBNBトークンは発行されず、アップグレード後には2/3のBNBチェーンのバリデータがノードをアップグレードする必要があります。

バリデータとは、コンピューティングパワーを利用してトランザクションを処理し、ノード、またはブロックチェーンソフトウェアを介してネットワークのセキュリティを維持するエンティティのことです。

BEP-255提案では、ユーザーの残高変更が各ブロックで追跡され、問題を特定するために調整されると開発者は述べています。調整エラーが発生した場合、ブロックチェーンは「パニック」となり、新しいブロックの生成を停止します。

「調整エラーが発生した場合、ブロックチェーンは新しいブロックの生成を停止し、ブリッジ、預金、取引所の出金などの下流サービスに影響を与えます。」と開発者はGitHub上で書いています。「この抜本的な措置は、チェーンとそのユーザーを保護するために必要ですので、コア開発者とコミュニティメンバーはできるだけ早く問題を調査すべきです。」

このような方法は、ブリッジ攻撃などの際にユーザーのトークン保有を支援することができます。

ブリッジは、異なるネットワーク間でトークンを転送するためのブロックチェーンベースのツールです。これらは仮想通貨エコシステムの重要な部分ですが、非常に脆弱であり、DefiLlamaによれば、過去数年間でブリッジを利用した攻撃に26.6億ドルが失われています。

編集者:サム・レイノルズ