ベアリッシュシグナル:BNBのオープンインタレストが新たな高値に急騰

BNBのオープンインタレストが急騰し、ベアリッシュシグナルが発生しました

暗号通貨取引所のバイナンスは、過去数か月間にわたり厳しい規制監査の対象となっており、BNBはその結果として苦境に立たされてきました。規制当局が取り巻く中で、バイナンスが再び立ち直りを見せつつあるという状況であっても、そのネイティブトークンは依然として売り圧力の影響を受けています。これは、BNBのオープンインタレストが新たな史上最高値に急上昇していることから明らかです。

BNBのオープンインタレストが新たな史上最高値に到達

興味深いことに、BNBのショートポジションは、暗号市場が回復傾向にある時期でも増加しています。アナリストのディラン・ルクレアのTwitter投稿によれば、これによってデジタルアセットのオープンインタレストが急激に増加しています。

ルクレアが共有したチャートによれば、BNBのオープンインタレストは現在4億ドルに達しています。これは、2020年には5000万ドルだったデジタルアセットの先行最高値を4倍以上上回っています。そして、現在のオープンインタレストの急増は、当時よりもむしろベアリッシュな要素が強いのです。

んー、$BNB先物における興味深い動きですね:

– 永続先物のオープンインタレストが新たな高値を記録し、ファンディングレートが極度のマイナス(次のファンディング期間の年間利率-200%)になっている(チャート1)- まるで誰かが悪いニュースに先んじて行動しているかのようです。

– BNBの最後の時…… pic.twitter.com/1B27OkjvPx

— Dylan LeClair 🟠 (@DylanLeClair_) July 17, 2023

この現在の増加により、ファンディングレートがマイナス200%を超え、それでもトレーダーたちはアルトコインをショートし続けています。その高いコストを払ってまでこの方針を選択しているトレーダーたちの行動は、デジタルアセットに対する大規模な暴落の期待を示しています。

ルクレアが指摘するように、これはアメリカ司法省がバイナンスに対して告発を行っている可能性を意味するかもしれません。「そして、内部情報を知っている人々はそれに応じてポジションを取っているのです」と述べています。

アルトコインは司法省の訴訟を生き残ることができるか?

すでに証券取引委員会(SEC)がバイナンス暗号通貨取引所に対して提起した訴訟のように、規制当局からの訴訟はBNBの価格に逆効果をもたらします。SECが6月初めに訴訟を起こした際、BNBの価格は数日間で20%以上下落しました。

 BNBの価格は$240を維持し続けています | 出典: TradingView.comのBNBUSD

このような反応を考えると、司法省からの訴訟はその影響の面でさらに悪化するでしょう。そして、もし今週にそれが起こると、ここからさらに20%の下落があれば、デジタルアセットは$200を超える地位を失うことになります。

現時点では、BNBの価格は$240を上回ってまだしっかりと保っています。その理由の1つは、バイナンスのランチパッドで実施されているアーカムセールです。このセールでは、参加するためにBNBが必要となるため、一時的な買い圧力を投資家に与えています。しかし、このセールは7月18日に終了すると、この一時的な支えは消え、暗号通貨はおそらく$230の領域に戻るでしょう。