ブルームバーグ:香港の新しい仮想通貨規制、デジタルアセットハブへの不確定な道を開拓

香港の金融監督当局が、ついに6月1日に仮想通貨の新しい規制枠組みを実施しました。

新しいルールブックにより、市内の小売投資家は、知識テスト、リスクプロファイル、合理的な露出限度などの保障があれば、「大型トークン」をライセンスを受けた取引所で取引できるようになります。

香港証券先物委員会(SFC)は、仮想通貨取引所にライセンスを提供することも始めます。

ブルームバーグのSuvashree Ghoshによると、この枠組みは、香港が主要なデジタルアセットハブになることを目指して、仮想通貨取引所のコスト削減よりも投資家保護を優先するように設計されています。

Ghoshは、昨年の仮想通貨の暴落がリスキーな実践や明白な詐欺を露呈したことから、これは驚くべきことではないと付け加えました。

彼女は、香港政府は、将来的に中国が香港を通じて仮想通貨に投資することができる可能性があると考えているかもしれないと付け加えました。

「潜在的な可能性は、地元の香港市場ではなく、市場を通じて流れる膨大な中国の富にあります。」とGhoshは述べています。

「そして一部の投資家は、中国がいつか本土の仮想通貨禁止を解除し、市民が香港を通じて取引を行うことができる可能性すらあると考えています。これらは、規制当局の気まぐれに依存する非常に大きな「もしもし」です。」

しかしながら、仮想通貨業界は、規制変更に慎重であり、その厳密なルールに従うことの複雑さやコストについて懸念を表明しています。

規制要件には、リスクプロファイル、保険および資産保管規則、許可トークンの決定が含まれます。

これにもかかわらず、Huobi、OKX、Amber Groupなどの主要なデジタルアセットプラットフォームを含む多数の取引所が、新しい仮想通貨制度の下でライセンスを申請しました。

しかし、取引所が入り込むと、規制上の障壁に直面する可能性があります。OKXは、必要な銀行の支援を得ることがまだ困難であると報告しています。

中国の仮想通貨ベテランは、香港の仮想通貨の野望に対して楽観的ではない

先週、中国で最初のビットコイン取引所を設立し、米国の仮想通貨ストレージプロバイダーBallet Globalを創設した仮想通貨のパイオニアであるBobby Lee氏は、香港が仮想通貨のハブになるという野望が持続可能ではないかもしれないと警告しました。

Lee氏は、取引所がライセンスを取得できるようにした役人たちは、中国本土とのつながりについて過大な期待を持っているかもしれないと述べ、中国ではデジタル資産の取引がまだ禁止されていると指摘しました。

「取引所にとっての幻想は、役人たちが私たちにライセンスを与えてくれたら、本土中国とのある種の仮想通貨接続取引リンクを開始するかもしれないと思っていることです。」

彼は、3〜5年後に市が再び仮想通貨に対して姿勢を変え、業界を禁止すると予測しました。

一方、香港当局は、Web3とブロックチェーンを推進し、アジアのデジタルイノベーションのハブとしての地位を確立するよう努めていると主張しています。

先週、香港警察は、Web3とメタバースに関連する潜在的な危険性について一般市民に教育するための新しいメタバースプラットフォーム「CyberDefender」を開始しました。