ブルームバーグのアナリストは、ハッシュレートの上昇に伴うビットコインのエネルギーシフトを賞賛しています

Bloomberg analysts praise Bitcoin's energy shift due to the increase in hash rate.

ビットコインのマイニング業界は、広範な採用とビットコインブロックチェーンへの関心の増加により、過去数年間で着実に成長してきました。この成長により、マイニング活動によって残される炭素排出量についての懸念が生じています。

しかし、最近のBloombergの調査によると、ビットコインブロックチェーンによって残される炭素排出量は、近年停滞していることが示されています。

ビットコインは海を焼くことはない

ビットコインのマイニングが独立した大きな産業になっていることは、もはやニュースではありません。一部のマイニング企業は、自身の所在地の経済や電力網に貢献していることさえあります。主要なBTCマイニング企業は利益を上げており、これには大手投資会社を含む多くの投資家が引き寄せられています。

気候変動や気温上昇の問題は、長年にわたり多くの活動家の焦点となっており、BTCマイニングのエネルギー集約型な活動が否定的な影響を与えていると非難する人も多くいます。その結果、規制機関はマイニング企業に対して、エネルギー需要に対する化石燃料以外のより安全でより清潔な代替手段を探るようにより厳格化しています。

このため、Bloombergのアナリストであるジェイミー・カウツは、持続可能なエネルギーを使用しているビットコイン取引の割合が2021年以降着実に増加し、現在は50%を超えていることを明らかにしました。

今朝、Bloomberg @TheTerminal で新しいレポートが発表されました- #Bitcoinマイニングとグローバルな #エネルギー転換のこの相関関係についてのさらなる調査

🧵 pic.twitter.com/4lPt9cFAl9

— Jamie Coutts CMT (@Jamie1Coutts) September 20, 2023

この増加は、中国による2021年のビットコインマイニング禁止や、カザフスタンによる国内暗号通貨マイナーのエネルギー使用制限によって特に促進されました。それ以降、全体のハッシュレートは286%増加しましたが、二酸化炭素排出量は1KWh当たり600グラムから296.5グラムに減少しました。

BTC struggles in the mid $26,000s | Source: BTCUSD on Tradingview.com

BTCエコシステムにとってこれは何を意味するのか?

ビットコインマイニングのエネルギー要件は、マイナーの運営コストの約50%を占めています。より安価なクリーンエネルギーは、これらのコストを相殺する方法であり、同時に業界の排出量や炭素強度を削減する手段です。

また、最近、ケンブリッジ・センター・フォー・オルタナティブ・ファイナンス(CCAF)も、ビットコインの電力消費量の見積もりを105.3 TWhから95.5 TWhに25%引き下げたことを発表し、遷移がより良い効果をもたらしていることを示しています。

クリーンなエネルギーへの移行は、環境保護主義者によって過去に強く批判されたブロックチェーンを含むBTCおよび暗号通貨業界全体にとって良い兆候です。これにより、企業がビットコインを支払い手段として受け入れる際に、いかなる反発も受けずに済む余地が生まれます。

たとえば、イーロン・マスクのテスラは、マイナーによる50%のクリーンエネルギー利用の確認がある場合、2021年にビットコインの支払いを再開すると約束しました。

さらに、気候技術ベンチャー投資家および活動家のダニエル・バットンは、この指標が50%以上であると主張しています。

Bloomberg Intelligenceは最近、ビットコインの持続可能なエネルギー利用が50%を超えたと結論付け、ケンブリッジのモデルと矛盾しています。

詳細は以下のとおりです:

2022年1月に更新が停止したケンブリッジのビットコイン排出モデルによると、ビットコインは37.6%です… pic.twitter.com/CP4QPmQvsb

— Daniel Batten (@DSBatten) September 18, 2023

オンチェーンアナリストのウィリー・ウーも、ビットコインマイニングセクターの炭素排出量を約4億5000万ドルの投資でマイナスにすることができると推定しています。