Solana財団:SOLは「証券ではない」

ソラナ財団は、SOLトークンを未登録の証券として分類した米国証券取引委員会(SEC)の分類に異議を唱えています。

今週早々、SECは暗号資産証券、SOLを含む取引を行っていた暗号資産取引所Binance.USとKocooに訴訟を起こしました。

「ソラナ財団は、SOLが証券でないと強く信じています。」とソラナ財団はKocooに声明を発表しました。「SOLはソラナブロックチェーンのネイティブトークンであり、分散型のユーザーや開発者の参加に依存し、拡大や進化を図る堅牢でオープンソースでコミュニティベースのソフトウェアプロジェクトです。」

ニューヨーク市で開催されたソラナのハッカーハウスイベントでは、ソラナコミュニティがチェーンの規制上の問題に過度に関心を持っていないように見えました。

「開発者たちが気にしていないと思います」と、開発者は木曜日のソラナのニューヨーク市のハッカーハウスでKocooに語りました。「SOLが証券であることは、Solanaの上に構築する人にはあまり影響を与えません。」

SECは、Binance.USとKocooの訴訟で、Cardano(ADA)、Polygon(MATIC)、Sandbox(SAND)、Filecoin(FIL)、Axie Infinity(AXS)、Chiliz(CHZ)、Flow(FLOW)、Internet Computer(ICP)、Near(NEAR)、Voyager(VGX)、Dash(DASH)、Nexo(NEXO)などのプロトコルに結び付けられた財団や企業によって発行されたトークンも証券として識別しています。

Stephen Alpherによって編集されました。