なぜCardanoの価格が今日上昇しているのですか?

Cardanoの価格上昇の理由は何ですか?

過去24時間、Rippleの法的勝利の影響を評価するトレーダーたちによって、Cardano(ADA)の価格が急騰しています。

「ADAは証券ではありません」

7月14日、ADAの価格は6%上昇し、1か月以上ぶりの最高値である0.379ドルに達しましたが、利益確定のため一部の上昇幅を縮小しました。

それにもかかわらず、ADA/USDは24時間で約20%上昇し、Rippleの米国証券取引委員会(SEC)に対する法的勝利の興奮によって後押しされました。

ADA/USDの日次価格チャート。出典:TradingView

特筆すべきこととして、連邦裁判所は7月13日に公開の仮想通貨取引所でのXRP(XRP)の販売が米国の証券法に準拠していると判断しました。この判決により、SECが証券であると非難した仮想通貨が法廷で自己防衛する材料となりました。

関連記事:XRPの判決は「画期的な瞬間」だが、まだ安心はできない-弁護士

ADAもその仮想通貨の一つであり、SECが仮想通貨取引所BinanceとCoinbaseに対する訴訟で証券と判断したことにより、6月には最大45%下落しました。しかし、今ではCardanoのトークンはその損失のほぼすべてを取り戻しています。

もし$XRPが証券でないなら…$ETHは証券ではない$BNBは証券ではない$ADAは証券ではない$SOLは証券ではない$MATICは証券ではない$ATOMは証券ではない$FILは証券ではない$ICPは証券ではないその他もろもろ…法的な意見ではなく、常識です。gg GG

— Chris Burniske (@cburniske) July 13, 2023

Cardanoの大口取引者は休んでいる

ただし、ADAの価格が過去24時間で二桁の上昇を見せた間、大口取引者は立ち去ったようです。

たとえば、ネットワーク上での1日あたりの100,000ドルを超えるADA取引の数は、6月以来最も高い数に上昇しました。

1日あたりの$100Kを超えるCardanoの大口取引の数。出典:Santiment

同時に、100,000〜100,000,000 ADAのバランスを保持しているアドレスのADA供給量は価格の上昇中に横ばいでした。一方、10億〜無限のADAトークンのバランス(灰色)は減少し、10,000,000〜1,000,000,000 ADAのバランス(緑色)は急激に増加しました。

Cardanoの供給分布。出典:Santiment

つまり、最も豊かなADA保有者は価格の上昇時に彼らの保有を売却(または再配分)していた可能性があります。

Cardanoの価格は次にどうなるでしょうか?

技術的な観点から見ると、ADAの価格は大幅な上昇により「買われ過ぎ」となり、今後数日で一時的な停滞または修正期間に入るリスクがあります。

関連記事:XRPの価格は1ドルになる可能性はあるか?次のレベルを注視

7月14日、ADA/USDの日次相対力指数(RSI)は70を超え、「買われ過ぎ」の閾値を超えました。

さらに、ADA/USDはマルチモンスのトレンドライン(オレンジ)と200日指数移動平均(200日EMA;青の波)を抵抗として試しています。これにより、上昇のポテンシャルが制限されています。

ADA/USDの日次価格チャート。出典:TradingView

したがって、もしベアたちが価格を大幅に引き下げることに成功した場合、ADAの価格は7月に0.32ドルをテストする可能性があります。これは2022年10月から2022年11月、および2023年1月から2023年3月のサポートレベルでもあります。

さらなる売り-off は、Cardanoを7月に0.30ドルまでさらに下げる可能性があり、現在の価格水準から12.5%下げることになります。

ADAの価格はダブルボトムですか?

逆に、ブルたちはズームアウトして彼らの主張をするでしょう。特に、ADAの価格は週足チャート上でクラシックなブルッシュ反転パターンを形成しているように見えます。このパターンでは、現在の価格よりも150%高いポテンシャルのある価格目標を持っています。

ダブルボトムと呼ばれるこのパターンは、価格が2つの連続したローカルな安値を形成し、それに続いて共通の首の抵抗線に向けて急激に反発するときに発生します。価格は、首の抵抗線を上回った後、パターンの最大の高さまで上昇することができます。

ADA/USD週間価格チャート。出典:TradingView

言い換えれば、このようなシナリオに基づいてCardanoのブルたちは2023年末までに0.45ドルを目標とするでしょう。