ドイツのフィンテック企業Raisinは、2023年までに500億ユーロの預金を予測しています

2013年創業のRaisin、ドイツのフィンテック企業が2023年までに500億ユーロの預金を予測

ドイツの金融テクノロジー(fintech)ソリューションに特化した企業であるRaisinは、安価な中央銀行の現金が終了する中、銀行が代替資金調達オプションを求めて預金の急増を予測しています。ベルリンに拠点を置くこの会社は、かつてSaveBetterとして知られ、2013年に設立され、ゴールドマン・サックス、ドイツ銀行、PayPalなどの有名な金融サービス企業によって支援されています。このfintech企業は、今年の終わりまでに手配する預金が430億ユーロ(560億ドル)を超え、現在の430億ユーロを上回ると見込んでいます。 Bloombergは、同社のCEOへのインタビューを引用して、月曜日に報告しました。

報告によると、RaisinのCEOであるタマズ・ゲオルガゼは、この予測をインタビューで共有し、そのうちの半分以上の成長がユーロ圏外の国々、特にイギリスとアメリカから期待されていると強調しました。

この会社の予測は、世界中の中央銀行が利上げを行い、インフレに対抗するために経済刺激策を解除する中で行われています。銀行は収益性の高い見通しとより高い資金調達コストという両方の課題に直面しています。シリコンバレー銀行やシルバーゲイト銀行などの最近の銀行の破綻を背景に、金融監督当局は銀行の流動性の監視を強化し、Raisinなどの預金仲介業者やマーケットプレイスへのより厳格な監査を行う可能性があります。

Fintech企業Raisin、米国の預金仲介業者の地位とは異なる位置づけをする

インタビュー中、RaisinのCEOは、先週、欧州の高官が同社を通じて提供される預金の安定性に関する懸念を示したことを否定しました。彼は、Raisinの定期預金は取引可能な証券ではないため、Raisinは米国の預金仲介業者の定義には該当しないと明確に述べました。さらに、ゲオルガゼは、同社の顧客のうち1%未満が通常の資金移動、通称「利率ホッパー」に関与していると述べました。

Raisinを通じて手配される預金は、急速な引き出しの傾向があるという考えに反して、ゲオルガゼは、危機時においてはより強靭な性質を示す傾向があると主張しました。彼はさらに、銀行から地理的に離れたクライアントは地元の出来事により少ない影響を受けるため、衝動的な反応の可能性が低くなると説明しました。

「これらの預金は実際には危機時において他の預金よりも引き離されます。クライアントが離れているほど、銀行の外で人々の列が見えることはありません」とゲオルガゼは述べました。

銀行は昨年、欧州中央銀行や米国連邦準備制度理事会などの中央銀行による利上げにより、純利息収入が大幅に増加しましたが、これらの利益を小口預金者に引き継ぐ速度は遅く、増加した金利の一部しか提供されていません。ゲオルガゼは、小口預金者に高い金利が提供されない理由に関して適切な質問を提起し、Raisinが欧州中央銀行の金利を迅速に実施することで市場平均を上回る能力を持っていることを強調しました。

Raisinは今年、より多くの銀行をプラットフォームに追加する計画

Raisinは、今年、プラットフォームに25〜30の新しい銀行を追加するという野心的な拡大計画を持っており、特に米国に焦点を当てています。ゲオルガゼは、同社を通じて調達される預金が債券に比べて銀行にとってより費用対効果の高い資金調達オプションを提供すると強調しました。これは、欧州で数百億ユーロの欧州中央銀行の刺激策融資を返済する必要があるため、特に重要な意味を持っています。

Raisinのボスは、卸売資金提供の変化についてコメントし、欧州中央銀行からの無料資金の時代の終焉を認識しました。このような状況を踏まえて、Raisinの役割は、費用対効果の高い資金調達源を求める金融サービス企業にとってますます価値があるものとなっています。

3月には、同社は新規および既存の投資家から6000万ユーロを調達しました。同社のCEOによると、これらの資金は、金融市場での立場を強化し、製品の提供を拡大するために使用される予定です。