ブロックチェーンプロジェクトInterlayは、新しいプラットフォームを「ビットコインDeFiのワンストップショップ」として確立したいと考えています

分散型ブロックチェーンネットワークであるInterlayは、ビットコイン分散型ファイナンス(DeFi)のための「ワンストップショップ」と説明される新しいプラットフォームを水曜日にリリースしました。

このプラットフォームには、分散型取引所(DEX)と貸出プロトコルが統合されており、Interlayの既存のDeFiブリッジとも連携しています。これは昨年に開始され、InterBTC(iBTC)という包装トークンで動作しています。包装トークンは、存在するブロックチェーンに固有ではない暗号資産の合成(またはトークン化)バージョンです。

詳細はこちらをご覧ください: ポルカドットが「包装」ビットコインの分散型バージョンを提供

Interlayは、今年初めにLocalBitcoinsやPaxfulなどのピアツーピアのビットコイン取引所が閉鎖され、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceとCoinbaseからの数十億ドル規模の資金流出が、現在の米国証券取引委員会(SEC)による訴訟の結果として起こった空白を埋める計画だと述べています。

InterlayのCEO兼共同創設者であるアレクセイ・ザミャーチンは、Kocooとのインタビューで「LocalBitcoinsが閉鎖され、Paxfulに問題がありました。」と述べ、「私たちはビットコインの追加機能を開放しようとしており、中央集権型取引所の代替手段になろうとしています。」と述べています。

この30歳のコンピューターサイエンス博士号取得者は、この新しいプラットフォームを、人気のあるDEXであるUniswapと、流動性と貸出のためのオープンソースプロトコルであるAaveとCompoundの組み合わせとして説明しています。

このハブには、ビットコイン(BTC)だけでなく、テザー(USDT)、ポルカドット(DOT)、InterlayのガバナンストークンINTRも含まれています。ステーキング可能なトークン、つまりステーキングされた暗号通貨を表す移動可能なトークンは、「第3四半期に予定されています」。また、EthereumやCosmosのアセットも年末までに利用可能になる可能性があります。

このトークンの富集は、一部のビットコインの純粋主義者を悩ませるかもしれませんが、ザミャーチン氏は「ビットコインを10億人にもたらす」ための必要なステップだと述べています。

ザミャーチン氏は、「金融の自由とは、人によって異なる意味を持ちます。」と説明しました。「一部の人にとっては、ビットコインを購入して保持することでフィアット通貨に対するヘッジが可能になるということですが、誰もが収入を得て投資に十分な資本を持っているわけではありません。ビットコインを金融システムへのアクセスと見なす世界中の多くの人々がいます。」と彼は付け加えました。